« トラックバックしてみる | トップページ | キャシャーンがやらねば、だれがやる »

2004/04/30

仕切直し

ここでも触れた、現在開催中の2004IIHF世界選手権。
予選リーグ4試合が終了しました。各試合の結果は以下の通り(日時はいずれも現地時間)。

4/25(日) 20:15 スウェーデン 対 日本 5-1
4/27(火) 16:15 日本 対 デンマーク 3-4
4/28(水) 16:15 ロシア 対 日本 6-1

予想通りといえないこともありませんが、デンマーク戦だけは試合内容のレポートを読む限り、それほど両者に実力差は感じられないだけに、途中までリードしていたのをひっくり返されたのは残念。
まあ、ペナルティが大過ぎるとか、最後の6-4でも決めきれないとか、負けるべき要素は有るわけですが・・・。

死んだ子の歳を数えても仕方ないという言葉もありますので、現地時間の本日から始まる入れ替え戦(英語では “Relegation round”)で2勝すればまだ望みは有りますので、気持ちを切り替えて参りましょう。

入れ替え戦の予定は以下の通り。

4/30(金) 12:15 ウクライナ 対 日本 (オストラバ)
5/1(土) 12:15 日本 対 カザフスタン (プラハ)
5/4(水) 12:15 フランス 対 日本 (プラハ)

頑張りましょう(^_^;)


さて、連盟公式サイトの対ロシア戦レポートの中で気になる記述が。

「判官びいき」は世界共通。日本が攻め上がると大歓声で盛り上がるチェズアリーナ。

・・・この試合を行ったアリーナは何処に有るんでしたっけ!? そして、1968年の8月に、そこで何があったんでしたっけ!?
ワタシのようなからっぽやみでも、その大歓声の「理由」は容易に想像できますが。
現地で大歓声を聞いて心強く思う気持ちは理解しますが、ものを知らないと云われかねない表現はどうかと・・・。

尤もその理由を書くことを避けたが故に「判官贔屓」なんて言葉を持ち出したなら、ごめんなさいですが。

|

« トラックバックしてみる | トップページ | キャシャーンがやらねば、だれがやる »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26270/513687

この記事へのトラックバック一覧です: 仕切直し:

« トラックバックしてみる | トップページ | キャシャーンがやらねば、だれがやる »