« 2004年9月 | トップページ | 2004年11月 »

2004/10/23

寒いですね。

月曜日から関東某所に出張っておりました。
今日の夕方、帰って来たんですが、飛行機から降りたら寒かったです。
どうも昨日あたりから気温が下がっていたようです。

そろそろ、冬支度の時期かと思い、いろいろ情報を検索していたらこんなものを見つけてしまったので、早速試してみました。

続きを読む "寒いですね。"

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2004/10/21

ゲームシートから霧降を想う

今日は霧降でバックス対ハルビンの試合があったので、21:15頃、もう終わった頃だろうと、速報を覗いてみたら・・・。

3 Period, time 10:00. (Update : Thu Oct 21 21:15:35 2004)

まだ試合は終わってませんでした・・・。
でも、19:00開始の試合で、21:00を廻って未だ3ピリ10分経過、ってのは・・・。

それから20数分後。

Game fineshed (Update : Thu Oct 21 21:40:23 2004)

やっと終わったようです。
気になったので、早速ゲームシート確認してみました。

続きを読む "ゲームシートから霧降を想う"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2004/10/19

健闘を祈る

出場停止、追加登録、登録抹消選手のお知らせが出ております。

続きを読む "健闘を祈る "

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/10/17

脇が甘いなぁ(笑)

ライブドアピンチ!アダルトサイトでやり玉

不謹慎ですが、思わず笑ってしまいますた(^。^)
んなこと、聞かれるに決まってるぢゃん!!(笑)。

続きを読む "脇が甘いなぁ(笑)"

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2004/10/10

苫小牧は眠かった

041010_hakucho.jpg
室蘭で「残業」が発生してしまったので、迷ったんですが、何故か行かなければという義務感が働いて、室蘭から苫小牧へ。
目的はアジアリーグの王子対ハルラ 2回戦@白鳥アリーナの観戦。

ちなみに到着したのは2ピリ4分過ぎ。
この週末、苫小牧入りしていたこちらと合流しての観戦でしたが、2ピリはそれなりに記憶が有るんですが、移動疲れのせいか3ピリの途中の記憶に欠落が有るのは内緒です。
哲也と川平のゴールが2ピリで良かった・・・(爆)。

さて、王子ですが、土曜日のホーム開幕戦は負け、そしてホーム第2戦となる今日の試合は引き分け。
リーグ戦開幕直前のHTB杯、STV杯の様子をTVで見て、今年は期待してもいいのでは思ったのとは裏腹に、昨期アジアリーグでの苦悩をまだ引きずっているような印象が有ります。

続きを読む "苫小牧は眠かった"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

室蘭は寒かった

041010_irie.jpg
第84回天皇杯全日本サッカー大会3回戦 コンサドーレ札幌対ホンダロックを室蘭入江競技場にて観戦。
台風の影響が心配された空模様は、試合開始直後位までは持ったものの、途中から雨が降り出し、少々寒い中での観戦となりました。

肝心の試合内容の方ですが、空模様以上に寒い試合でありました。
序盤の両チームの動きをみると明らかに力の差が有り、多少のコトが有っても自信を持ってプレイすればそれほど苦戦する相手では無いと思わせたんですが、そこが簡単にいかないのが今の札幌。
優位に立てるはずの試合で確固たる自信をを持てない辺り、「負け癖」が付いているということなんでしょうか。
それはともかく、試合を振り返ってみれば、ホンダロックのプレイは素晴しく、格下が格上相手にしたときのモチベーションの高さはときに恐ろしいということを再認識させました。
次はJ1の対戦。札幌の選手にはホンダロックの選手を見習って(!?)、格上に一泡吹かせる位の気合いを入れて次の試合に臨んで欲しいところですです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/10/06

球団興亡史

季刊ベースボールマガジン秋季号。
消滅球団のユニフォームと球団旗の写真「のみ」に惹かれて買ってきましたが、内容の面白さに一気に通読してしまいました。
かつて多少はプロ野球に興味のあったガキの時分にも、図書館とかにある子供向けの野球入門書の中にある、古い球団のユニフォームやら球団旗やら、現在の12球団に至る迄の課程の話なんかを好んで読んでいたワタシのような者にとっては、堪らない一冊であります。
同じ出版社の「サッカーマガジン」もそうですが、こういった読み物中心の本をまとめるノウハウの蓄積と技量というのはやはり流石と唸るしかありません。

さて、その中でも最も興味深く読んだのは、網島理友氏とえのきどいちろう氏の対談。

続きを読む "球団興亡史"

| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2004年9月 | トップページ | 2004年11月 »