フォト

過去日記

ファンタジーリーグ

無料ブログはココログ

« シーズン終了 | トップページ | 街で見かけたクルマ »

2004/12/20

年の瀬の贈り物



児玉英雄作品集「HIDEO KODAMA:DESIGNER」 児玉英雄

定価 6090円
A4判変型 横開き 並製 カラー2分冊箱入り/56ページ+208ページ
ISBN4-544-04131-7

今でこそ、世界中のスタジオで多くの日本人のカーデザイナーが活躍していますが、その先駆けがアダム・オペル社の児玉英雄さんだということは、ワタシがここでご紹介するまでもないでしょう。
雑誌「NAVI」創刊以来、毎月連載されている“Hideo Kodama Gallary”に氏が寄稿された中から100点の画を選んでまとめられたのがこの「画集」です。

刊行前にの事前予約のときに発注しましたが、当初の刊行予定(11月)から刊行が遅れており、いつになるのかと気をもんでおりましたが、日曜日の午後にクロネコさんが運んで来てくれました。

ちなみに奥付の日付は12月25日でありました。

早速、“Gallary”の方から眺めていますが、期待に違わぬ出来。
連載時のサイズほぼそのままに、氏の素晴らしい画を堪能しております。

ブックデザイン、装丁等々、二玄社の面目躍如といったところでしょうか。
NAVIを定期的に買わなくなって結構な時間が経っていますが、中にはかつて観た覚えのあるイラストが多数納められており、当時のことを思い出しながら眺めておりました。

200点を超える中から、100点を選ぶのは難しい作業であったと思われますが、個人的には数回掲載された児玉さんらしい小型車の提案のアイディア(確か、“ICBM(Inter City Business Machine!?)”というライトウェイトスポーツなんかがあったと思います)とか、ご自身も所有されているヒーリィー・シルヴァーストーン等も収録して欲しかったところです。

そんなワタシのわがままはともかく、NAVIの連載を毎月楽しみにしていた方にはmust buyの1冊でしょう。
ワタシも元旦に東京へ行く用事が無くなってしまいましたので(笑)、年末年始はこの本と一緒に過ごしたいと思います。

実は月曜日は誕生日でして、その前の日に思いがけなく嬉しい誕生日の贈り物をもらった気分になりました。

って、あとで自分で代金を郵便局に振込に行くわけですが(爆)。

« シーズン終了 | トップページ | 街で見かけたクルマ »

コメント

 まだ書店では捕獲できていません。やはり予約すればよかったか。
でも代引きでは頼めないんだよなぁ。

 児玉さんの本は、電子データを販売する前も、後も「やっばりカミの本でも出してくれー」とわめいていたのですが・・・

 中村 史郎 が言えば、出すのね、・・・けっ。

 ちなみにMAVIからの切り抜きはクリアファイル4冊目になります。
ほとんどモレは無いはずなんだけどね。でも本も当然買うわけだ。

コメントお待ち申し上げておりますた(笑)。
しかも思った通りのコメントまで頂いて、光栄至極でし(爆)。
経緯はともかく、こうやってまとまったのは結果オーライということで【バコッ★】。
児玉さんがオペルを退かれるのが近いということで、時期的にも、まとめやすかったということでしょうか。

もう1分冊の方も一通り目を通しました。
こちらの感想も近日アップしたいと思います。

ところで、近年の連載もので「出して~っ」と、叫んでいた「クルマはかくして作られる」に続いて、児玉さんの画集も出ましたので、これでリーチ。あとは檜垣さんの「スポーツカープロファイル」で、ツモ上がりなんですが(意味不明)。

あれは、誰に「呟いて」貰えばいいんでしょうか。
やっぱ、ダグ・ナイかな。でも一般的な知名度低いしな、カレ【バコッ★】。

余談はともかく、捕獲については悩みましたが、函館に出没する可能性は低いので期限ぎりぎりに予約を入れました。
結果として正解といったところでしょうか。

何となく、GMJに相当数流れているような気もしますので、シグナムあたりをお買いあげになって、ごねてみるのも吉かと(笑)。

やっと書店に注文して捕獲することが出来ました。
感想は・・・装幀も含めて、なかなか良い本ですね。デザイナー生活の上がり(笑)として、こういう本を作れるのはうらまやしい。

某フォーラムに感想を上げてありますので、ご一読ください。

ども、1sugiです

"あまぞん"経由で落掌していたりします(^^ゞ。
「光沢無し中性アート紙・・・見返しがこれで表紙のコーティングがこんくらいでブツブツ・・・当然コピーライトかかるし、紙帙だからふむふむ・・・こんくらいでこんなモン・・・にしてもこのGolf IIIカッコいいなぁ・・・」作りも内容もお買い得でしょうね(^^)。

この本と、先輩のお父様が自費出版で上肆された「市電が走った京の街」読みながら年を越そうかと思ってますです(^^)v。

p.s
児玉さんはH.J.ウェグナーがお好きなんですね。ウェグナーの「親熊椅子(中古)」にはまりこんで日々過ごしているワタシは無意味に嬉しかったりして(^^;←(みぃはぁ全開。パソコン用で、今座ってるのはオルフセン(中古)←やっぱし、オレはみぃはぁだ(((^^;)

 

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 年の瀬の贈り物:

» 架空のクラフトマンシップ [Wein, Weib und Gesang]
{/cars_red/} オールドインダストリーの代表として、十年以上自動車産業の推移に関心を持っている。そのインフラストルクチャーや付随産業や技能労働者や市... [続きを読む]

« シーズン終了 | トップページ | 街で見かけたクルマ »

2023年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック