フォト

過去日記

ファンタジーリーグ

無料ブログはココログ

« 謹賀新年 | トップページ | 優勝目前!! »

2005/01/02

元旦吉例

第84回天皇杯全日本サッカー選手権大会 決勝戦
東京ヴェルディ1969 2-1 ジュビロ磐田 (国立霞ヶ丘競技場)

元旦恒例の天皇杯決勝をTVにて観戦。
試合終了後、緑組主将の山田卓也がインタビューに「おもしろい試合ではなかったけれども」と応えていた通り、びっくりしたり華麗なプレイの連発はなかったけれども勝利への渇望が見えたという点では、カップ戦の決勝戦らしい好試合だったといって差し支えなかったかと。
尤も、ヤマタクのコメントはプレイする側の正直な感想であって、観戦者に向けたコメントではなかったのかもしれませんが。

個人的な試合前の勝手な予想では、こういった大試合の経験豊富なメンバーが揃った磐田の方が有利だと思っていたんですが、さにあらず。
というか、磐田は運動量少な過ぎ。準決勝はダイジェストでしか見ていませんが、ウチとやった準々決勝とあまり印象は変らず。往年の磐田の強さを感じることは有りませんでした。
そんなこともあって緑組先制のときには、これで試合が決まったなと思ったのも正直なところです。

そんな中でも一人気を吐いていたのが西。準々決勝でも感じたんですが、いったいアナタのポジションは何処ですか!? というくらい、ピッチ狭しと縦横無尽に駆け巡り神出鬼没の様相。もしかしたらトップ固定よりも今のような使われ方の方が彼に合っているのカモ知れません。
そういう意味では磐田の唯一の得点は、今の彼らしい得点だったといえるかも知れません。

対する緑組。
小林の退場の場面では、確かにボールに足が届いてないし、あそこで抜かれてるとかなり決定的だったので、致し方無いんですが、今日もジョージ節炸裂か!? と思ったのも確か。
しかし、冷静に考えてみると、あの時点で数枚カードを切っていたということは、元々フィジカルコンタクトが激しい今の緑組に対し、今日は厳しめにファール取ってコントロールするからね、という主審のメッセージも読みとれるわけで、それを感じずに少々安易に当たり過ぎていたのでは無いかという気もしました。
まあ、この辺が若いチームってことなんでしょう。

それはともかく、内容的には10人になってからも凌ぎきったDF陣もさることながら、この日は平本の日だったといって差し支えないでしょう。
こういう風にある種古典的なセンタープレーヤーとして使ってやると光る選手なのだということを再認識。但し、もう一皮剥けるためには決定力をなんとかせにゃあきまへん。昨日もそれはどうよ、というシュートが数本ありましたし。

あとは、飯尾。私生活でもいいコンビですという平本のコメントでは有りませんが、本当にいいポジション取りでした。逆にいうと、磐田のDF陣は彼があそこに来るのが判っていてフリーにしてしまったのが、敗因なんでしょうけど。

平本・飯尾の2トップコンビはかねてから気になっていた存在だったので、
これで弾けてくれるとおもしろいんだけど、トカ思っていたら・・・。


ぼくはたぶん来季はこのチームにはいない。後半はベンチに座っていて、いろんなことがあったこの1年を思い浮かべていたら、こみ上げてきてつらかったです。このメンバーでは最後なのでそれが一番つらかった。
J's Goal より

・・・正月早々サプライズです。何処に行くんでしょうね。

そういえば、元旦の試合にはこういった話題があるのだ、ということも思い出した、新春の昼下がりでありました。

« 謹賀新年 | トップページ | 優勝目前!! »

コメント

あけましておめでとうございます。
今年もアイスホッケー&サッカー、ともによろしくです。

テレビで見ても磐田の運動量の少なさは分かりましたか・・・
ナマで見ていて、同じ「パスサッカー」のはずなんですけどここまで両チームの違いがはっきりした試合はなかったと思います。
あと、磐田にはいい加減「数的優位な試合の戦い方」を身につけてくれ・・・といいたいっす(敵に回すと楽なんですけどね)。

飯尾の移籍、日刊スポーツにも出てますね。
どこ行くんだろう・・・都並つながりで仙台か?それとも・・・?
http://www.nikkansports.com/ns/soccer/f-sc-tp0-050101-0023.html

いなほさま>
おめでとうございます。
こちらこそ今年もよろしくお願いいたします。

>テレビで見ても磐田の運動量の少なさは分かりましたか・・・
準々決勝のときも感じましたが、相手のプレッシャーがあっても、なまじパスが通ってしまうので、動いてないのが目立たないというのが、今の磐田のようなが気がします。

>(敵に回すと楽なんですけどね)
それは2003年の2nd最終戦のことを言ってますか!?(笑)
あの試合は生で見てましたが、磐田は正直すぎるなあと思ったのは確かです。
まあ、その辺があそこのチームカラーなのカモ知れませんが。

>どこ行くんだろう・・・都並つながりで仙台か?それとも・・・?
確かにリーグ、カップ併せて、昨日の1得点のみだけど、放出するほどだろうかというのが正直な感想です。
仙台はあり得ますね(ちょっと話はずれますが、都並はよく「余所」で「泥かぶる」気になったなと)。
なんとなく、大分とか大宮あたりが欲しがりそうな気がします。
あと、J2ならどこでも両手を揚げて歓迎でしょう。
ただ、ヨミウリ出身のストライカーには、このようなかたちで外に出て結局フェイドアウトしてしまった・・・なんて例もありますので、出先でも腐らずに頑張って欲しいです。

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 元旦吉例:

» 天皇杯決勝戦 [まっすぐなキモチ]
第84回天皇杯全日本サッカー選手権決勝 東京V 2 - 1 磐田(13:32KI [続きを読む]

« 謹賀新年 | トップページ | 優勝目前!! »

2023年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック