フォト

過去日記

ファンタジーリーグ

無料ブログはココログ

« はらごしらえ | トップページ | 全日本選手権終了。 »

2005/02/20

ちばぎんカップ

第11回ちばぎんカップを市原臨海競技場にて観戦。
改めて説明するまでもなく、千葉県内にホームタウンを持つ、柏とJEFの両チームが対戦する大会。
両チームにとって、シーズン前の「顔見世興行」として定着している大会といっていいでしょう。

前半の柏は4-4-2。最終ラインは、(右から)バウル、聡太、永田、近藤というCB専門(!?)の4人。これには、ちょっと興味を惹かれました。
特にバウルは渡辺毅の抜けたポジションに入ることを想像していたので、右サイドでの起用はちょっとした驚きでした。但し、神戸時代にもサイド攻撃に絡む場面もありましたので、その点に期待しての起用ではないかと思われます。
結果としてこれは当たりで、こちらもご指摘のように、この日一番目立った選手だったと思います。柏サポーターにもいいアピールになったのではないでしょうか。
今回はバックスタンドでの観戦だったので、相手に対するポジション取りの良さと、ハードマーク、そしてボールを奪ってからのスピード等、彼の持ち味を堪能することが出来ました。特に動き出しの瞬間の素早さはちょっとした再発見でありました。
2度ほど相手との交錯で痛んでいましたが、柏での緒戦ということで張り切り過ぎたのでしょうか(笑)。

あと目に付いたのは玉田に対する厳しいチェック。ただ、かつての彼ならば倒れていた場面でも倒れない等、昨年来の成長の著しさを見ることが出来ました。代表に呼ばれ続けることで大きく成長している選手の好例でしょう。

柏で気になったのは、中盤での組み立てができていないこと。
2列目が下がり過ぎ、中盤でボールがキープできないという場面が目立ったように思います。

対するJEFは前述の通り、ベストメンバーではなかったことも手伝ってか、少々精細を欠いていたように思われます。昨期までの主力5人を欠き、新外国人合流までの間、どのようなサッカーをするのか、名将、未だ思索中といったところでしょうか。
その中であえて目だった選手を選ぶとすると、坂本でしょうか。相変わらず左サイドで積極的に攻守に絡み、求められている仕事をこなしておりました。

後半、システムを変えなかったJEFに対し、柏は怪我を懸念したのかバウルを下げ、攻撃面での貢献を期待して谷澤を投入。
谷澤はボランチのに入り、最終ラインは3バックに。これが功を奏したのか、中盤にボールが収まり、ボールを支配する機会が増えます。
但し、前半から気になっていた2列目の位置取りは今ひとつのままで、完全に中盤を支配するというには程遠い状況でした。
特に新外国人クレーベルはテクニックに光るものがあったものの、周りとの連携が未完成で、何度もチャンスを逃していたように思います。

この試合唯一にして、決勝点となった得点は、玉田の左からのFKにゴール前に詰めていた永田が押し込んだもの。現場では永田の前に誰かが触っていたようにも見えたのですが、TVのリプレイで確認したところ、直接押し込んだようですね。
JEFも後半は羽生等、GK以外のサブを全員投入しますが、特に流れは変わらず。前半とあまり印象は変わらぬまま、試合終了と相成りました。

結果として、試合後のオシム翁の談話の通り、「危険なプレイ」が双方共に少なく、退屈なゲームだったといってもいいかもしれません。
柏が「ほぼ」開幕を視野に入れた布陣で臨んだのに対し、JEFは外国人無し、怪我による離脱も有り、ベストメンバーではなかったことも、その理由でしょう。

試合終了後には、なにやらJEFサポさんの一部から厳しいご意見も聞こえてきましたが、今からそんなにカリカリしていたら、12月まで続く長いシーズン、身が持たないと思います。44試合もあるチームのサポは、そう思いました(爆)。

さて、今回のちばぎんカップは第11回目。JリーグのPSM(プレシーズンマッチ)数ある中で、10年以上続いているのはこの大会だけ。
参加チームが常に同じ(柏とJEF)ということや、理解ある地場のスポンサーに恵まれてたことがその理由だと思いますが、それ以上に、この日の7000人超という観客数をみてわかるように、多くの人がシーズン前の恒例行事として楽しみにしているということが、その継続につながる大きな力となっているのではないかと思います。

何にせよ、この時期に地元でPSMを観ることができるというのは、札幌サポにとってはうらやましかったりして(笑)。

P.S.
振り返ってみると、JEFユナイテッド「市原」の「最後」の試合と、JEFユナイテッド市原「千葉」の「最初」の試合を観ることができるという、奇特な体験をしたのですな>ワタシ(笑)。

« はらごしらえ | トップページ | 全日本選手権終了。 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ちばぎんカップ:

« はらごしらえ | トップページ | 全日本選手権終了。 »

2023年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック