« 612スカリエッティ | トップページ | 関東大学選手権 日本大対法政大 »

2005/04/16

関東大学選手権 中央大対東洋大

第54回関東大学アイスホッケー選手権大会の第2回戦の2試合を東伏見で観戦。
以下、その感想を。

第1試合 中央大学 対 東洋大学 2-8(1-3/0-4/1-1)
050416_chu_tyo
1Pの序盤は、エンジンがかかっていないような印象の東洋に対し、最初のPPで先制点を挙げるなど、中央の方がいい入り方をしたように見えました。
しかし、その後、すぐに東洋が反攻。立て続けに2点を連取。特に2点目を奪って逆転してからは、それまでのプレイのスピードと動きを見せ始めた東洋が優勢に試合を進め、1Pは1-3で終了。

2Pは立ち上がりから東洋が中央を圧倒。追加点を積み上げます。
東洋側は数度不用意なペナルティがあり、PKの時間帯もありましたが、危なげなく中央の攻撃をかわします。
このチャンスをものにしたかった中央ですが、攻撃の組み立てが出来ず、逆に数的に不利な東洋に攻め込まれる場面もあり、なかなかシュートチャンスを作れず。
2P終盤には5-3となるチャンスも合ったものの、ここでも中央はシュートチャンスを生かせず2Pは終了(ちなみにこのとき、東洋#7が2回目のミスコンで退場)。

3Pも、それまでと変わらぬ東洋ペース。
中央は終盤に1点を返しなんとか意地を見せたものの、終わってみれば、6点差。
但し、3Pは東洋が少々ペースを落としていたようにも見えたので、もっと大差が付いた試合だったのかも知れません。

試合の印象としては、中央は選手個々の出来はそれほど悪くなかったものの、パスが繋がらない、ポジション取りが悪い等々、チームの連携が悪くチャンスを作れなかったのが敗因でしょう。
もしかしたら新人が入ってまだチーム造りの途上にあり、その影響もあるのかも知れません。

対する東洋は、中央の拙攻に助けられた面もあるものの、優勝候補に目されるだけあって、見事なパフォーマンスを見せつけました。体力面でも東洋の方が優位にあったように感じられましたが、これも勝因の一つでしょう。

|

« 612スカリエッティ | トップページ | 関東大学選手権 日本大対法政大 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26270/3736219

この記事へのトラックバック一覧です: 関東大学選手権 中央大対東洋大:

« 612スカリエッティ | トップページ | 関東大学選手権 日本大対法政大 »