フォト

過去日記

ファンタジーリーグ

無料ブログはココログ

« Musical Baton | トップページ | プラグ+プラグコード交換 »

2005/06/25

梅雨の晴れ間

・・・なんだよね、あの辺は(^_^;)

2005 Jリーグディヴィジョン2 第18節 横浜FC 対 コンサドーレ札幌@日産スタジアムを、知人宅でスカパー観戦。

横浜FCが日産スタジアムを使うのは、今季はこの試合のみ。
梅雨の晴れ間に12,000人を超えるお客さんが詰めかけたようですが、そこは72,000超の収容能力を持つスタジアム。これだけ入っても閑古鳥が鳴いているように見えるのは残念な限り。
三ツ沢だったらほぼ満員だったのにねぇ・・・【バコッ★】。

余談はともかく、試合について・・・。

試合の立ち上がりに最初にチャンスをつかんだのは札幌。
前半5分過ぎ、右サイドで岡田のスローインを相手の裏に抜け出して受けた砂川がゴールエリア付近まで切れ込み、中央に緩いループ状のクロス。中央にフリーでいた中山が頭で合わせて、札幌が先制。
きっちり決めた中山も良かったですが、それ以上に相手の裏を上手く取った砂川を誉めるべきでしょう。
それにしても、こんなにあっけない札幌のゴールシーンは久しぶりカモ(笑)。
早い時間帯に先制できて気が楽になったせいか、その後も中盤でよくパスがつながったこともあり、前半は札幌が若干優勢気味にゲームを進められたと思います。

対する横浜はカウンターから、2トップの内、城をターゲットにしてボールを放り込む戦術を繰り返します。
しかし、彼がボールをキープしても、それを受ける味方が近くに居ないため、思うようにチャンスを作れないという場面が相次ぎます。
逆にいうと、このために城がボールを持ちすぎることになってしまい、札幌のDF陣も対応し易かったようにも見えました。
勿論、札幌DF陣も城になるべく前を向いた姿勢でプレイさせないように、きっちり身体を使ってマークしていましたので、札幌側にとっては城封じはまずまず成功だったといっていいでしょう。

城はあまりいいところなかったようにも見えましたが、DF2人を背負った状態で味方を待つためにリフティングでキープしたり、後半には後ろ向きの姿勢からほぼ180度ターンする形でクロスを頭に合わせてほぼ枠に飛ばすなど、それなりにキレのいいプレイはありましたので、彼をフォローできるようになれば横浜のチャンスは増えると思いますので、相変わらず侮れない存在でしょう。

また、数度、横浜にとっていいシュートもありましたが、GK林がきっちり対応し、失点を防ぎます。

札幌のリードで迎えた後半。
横浜はハーフタイムに問題点の把握ができたのか、前半には殆ど見られなかった中盤でボールをキープする場面も見られるようになり、ボール支配率では札幌を上回るようになります。

札幌は1対1を破られる局面が目立つようになりますが、全体的にカバーリングがうまくいっており、致命的な場面には至らず、逆に少ないチャンスの際にはきっちり相手ゴール前までボールを運べていました。
後半12分には砂川に代わって金子が入りますが、彼が入ったことで中盤の守備固めもよくできていたような印象があります。
このところ、前半スナマコでイケイケ、後半、スナマコの「電池」が切れたところで、勇樹に代えて確実に、という図式ができつつあるように思うのは気のせいでしょうか(笑)。

後半30分過ぎ、右サイドで相手DFをかわした相川が中央後方にいた上里にパス。
上里はそのまま得意(!?)のミドルシュート。これが見事に決まり、待望の追加点。
ここまで失点はしないものの、少々押される時間帯が続いていたこともあって、この追加点でかなり札幌は楽になりました。

その後も相川がフリーでシュートを撃つ機会が2回ほど有りましたが、相手GK正面や枠を捉えられずに得点成らず。
個人的な感想ですが、相川はちょっと難しい撃ち方をするきらいがあるような気がします。
とはいうものの、もっと難しいシュートを決めていたりと、なんだかよくわからんコです(爆)。

得点を挙げるしかない状況でパワープレーに出た横浜に対し、得点を挙げた上里と中山を下げた札幌がしっかり守り、このまま2-0で終わるかと思われた、ロスタイム、3点目が入ります。
入れたのは池内。コーナー付近から上がったクロスを見事にヒールで後ろに流して、ゴールイン!!
但し、その先が自陣ゴールというのはいただけませんが(;´д⊂)

そんなとこで、難しいことしないでくれよ、頼むから orz>池内。

結果は2-1で札幌の勝ち。
後半はボール支配率で上回られるなど、決して楽な試合では有りませんでしたが、少ない機会をしっかりものにできたという意味では、評価していいでしょう。
なによりも、前節(17節)終了時点で、2位(勝点27:甲府)から8位(勝点22:湘南)の勝点差が「5」という大接戦の中で、しっかりと勝点3を確保できたというのがなによりの朗報でしょう。
また、かなり暑い条件の中で、最後まで集中を切らさず(池内を除く【バコッ★】)、足も止まっていないように見えたのもよかったと思います。

さて、次節はホーム厚別に(暫定6位)の山形を迎えます。
今の札幌にとって決して勝てない相手ではないと思いますし、その次の対甲府戦もホームでの開催となります。
本州は梅雨の時期にホームで連戦できるというのは、ある意味ではアドバンテージとなると思いますので、また1週間しっかりと準備して、いい状態で次節に臨んで欲しいところです。

« Musical Baton | トップページ | プラグ+プラグコード交換 »

コメント

TBありがとうございます。
次節は大事な試合になりますね。

勝ちたいですね。

>いとっちさん

コメントありがとうございました。
苦しい中での勝利。大きい1勝だったと思います。

>次節は大事な試合になりますね。

前半戦終了まであと3節。
この内容と結果が、後半戦へ向けて大きな鍵となるでしょう。
ヤンツーさんのコメント通り、星の潰し合いになると思いますが、なんとか食らいついていって欲しいし、それができるチームになったと信じています。

こんばんは。私のブログへのTBありがとうございます。またHPもくまなくご覧いただき有難うございます
そう、函館つながりということもあり、よろしくお願いします。ちょうど、寮が湯の川温泉の近くにありまして…。
あれからずっと行ってませんが、無線部ありましたね~。
いなほ姉さんとはアイスホッケーでのつながりなんですね?
函館(というか七飯・大沼)はマリノスや代表の合宿に使ってましたね。大沼なんですが、私も大沼の某喫茶店でよく受験勉強していました。よく汽車に揺られて行ったものです。

>ヒスイさん
はじめまして。コメントありがとうございます。

>寮が湯の川温泉の近くにありまして…。

ちなみに我が母校は戸倉ヶ丘の上の方です(って、プロフィールでバレバレ(笑))。

>いなほ姉さんとはアイスホッケーでのつながりなんですね?

ですね。いつも現場ではすれ違いなんですが(笑)。

>大沼の某喫茶店

こちらですかね!?
こちらはワタシもたまに立ち寄ります。お気に入りのお店です。

ご覧の通り、ヌルくアヤしい目つきでコンサとホッケーを眺めております。
たまに函館の様子なんかもエントリ致しますので、今後ともひとつごひいきにm(__)m。

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 梅雨の晴れ間:

« Musical Baton | トップページ | プラグ+プラグコード交換 »

2023年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック