« ちょっと凹むけど、終わりぢゃない | トップページ | 雨はあがりました »

2005/09/17

日本アイスホッケーリーグ・ノースディビジョン

かねてから噂に登っていた、道内に本拠を置くクラブチームによる地域リーグが発足の運びとなりました。

その新リーグの名称は「日本アイスホッケーリーグ・ノースディビジョン(仮称)」。

この話題については、先日のNPO札幌ポラリスの定時総会の席上、発表がありましたが、連盟側で参加募集を行っているの段階のようでしたので、総会の様子をお知らせしたエントリでご紹介するのは控えておりました。

今回、ポラリスより届いた会報にて、新リーグの発足についての発表がありましたので、ここで改めてご紹介致します。

参加予定チームは、釧路厚生社セトルブレイズ(以上、釧路)、トヨタセンチュリーズ(苫小牧)、タダノHC(帯広)、札幌ポラリス(札幌)の計5チーム。

当初、苫小牧からもう1チームの参加も噂されていましたが、現在の形に落ち着いたようです。

今年10月から来年3月迄の間の土曜日または日曜日に、1回戦総当たりの形式でリーグ戦が開催される予定です。

具体的な開催日時は未定ですが、試合予定についても、ポラリスの会報で紹介されていましたので、それもここに転載します。

第1日
トヨタ 対 ブレイズ (苫小牧)
タダノ 対 厚生社 (帯広)

第2日
ポラリス 対 タダノ (札幌)
厚生社 対 トヨタ (釧路)

第3日
トヨタ 対 ポラリス (苫小牧)
厚生社 対 ブレイズ (釧路)

第4日
ブレイズ 対 ポラリス (釧路)
タダノ 対 トヨタ (帯広)

第5日
ポラリス 対 厚生社 (札幌)
ブレイズ 対 タダノ (釧路)

サッカーの世界では、Jリーグを頂点とした構造が構築して、サッカーの普及と強化を図るという試みが着々と進行しつつあります。
その中でも九州地区のように、トップリーグを目指すチームが幾つも現れ、地域リーグが活況を呈しているという地区もあります。

サッカーと違い、相変わらず厳しい状態が続いている日本のアイスホッケーの世界ですが、今回の新リーグのような新しい取り組みが底辺層の充実と強化につながり、それがトップリーグへも波及することを期待したいと思います。

|

« ちょっと凹むけど、終わりぢゃない | トップページ | 雨はあがりました »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26270/5990174

この記事へのトラックバック一覧です: 日本アイスホッケーリーグ・ノースディビジョン:

« ちょっと凹むけど、終わりぢゃない | トップページ | 雨はあがりました »