« 1962 Norton Atlas 750 | トップページ | 大雪 »

2005/12/18

試乗

してみたい。と思っても、なかなかその機会に恵まれなかったりするのが、路線バスに充当されている車両。

051218_kanbasu_2266
以前のエントリでもご紹介した函館バスのハイブリッド車ですが、本日、思いがけなくその1台である2266号車に乗ることができました。

とはいえ、ハイブリッドだからといって、普通のノンステップバスと特に変わったことは無いんですけどね(^_^;)
しかも、日野のシステムはモーターのみでの走行をする形式ではありませんので、余計に普通のバスとは変わりません(笑)。

ということで、特に記すことはない筈だったんですが、気になった点が2点ほど。
アイドリング時のエンジン振動が大きめに感じられたのと、ロールやピッチングの収束の仕方が少々落ち着かないように感じたのが気になりました。

前者については、ワタシが座ったのが後方のエンジンに近い席だったのも影響しているのかも知れません。
後者については、同様の構造(ニーリング可能)のノンステップバスに乗ったときにはそれほど感じなかったことなので気になったのですが、もしかしたら折からの積雪でデコボコになった路面状況等の影響もあったのかも知れません。

これらについては、この個体(2266号車)特有の癖かも知れませんので、もう1台(2265号車)でも確認してみたいところです。
って、いつになるのやら(笑)。

ちなみに画像はハイブリッド車に採用されているシートです。
函館鉄道写真館さんでも「函館の名産品をあしらった」というコメントがありましたが、烏賊以外はちょっとビミョーといったところでしょうか(^_^;)

|

« 1962 Norton Atlas 750 | トップページ | 大雪 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26270/7687278

この記事へのトラックバック一覧です: 試乗:

« 1962 Norton Atlas 750 | トップページ | 大雪 »