フォト

過去日記

ファンタジーリーグ

無料ブログはココログ

« FD3S燃費 (2006年6月) | トップページ | 久しぶりに »

2006/06/28

歓迎 川崎フロンターレ御一行様

0606025_fron_02.jpgもう2日も前の話になってしまいましたが、ココログのレスポンスがイマイチで、遅れてのエントリとなってしまいました。
なんとかならんもんでしょうか。

という、愚痴は置いといて、日曜日(6/25)はトルナーレ大沼で合宿中の川崎フロンターレの練習を見学してきました。
以下、感想を交えたご報告です。

0606025_fron_09.jpgP.S.「ふろんたーれどっとねっと。」様
ハイ、七飯町は歓迎しております。
但し、段幕の類は昨年の使い回しというのはスルーの方向で(笑)。

0606025_fron_01.jpg

開始時間前に到着。ピッチ上にはコーンの配置等、既に準備が出来ており、コーチ陣がボールを使ってウォーミングアップ中でした。
改めて画像をよく見てみると、クラブのスタッフも混じっていたようです。
ちなみに居合わせた川崎からお越しのフロンサポさんによれば、右端の白髪の方は社長さんだとか。

0606025_fron_03.jpgその後、予定通り(9:30)、監督と選手到着。
最初はピッチ(2面分)の周囲を選手およびコーチ、スタッフを交えて全員でランニング(2周だったかな?)。

0606025_fron_04.jpgランニング終了後、GK組とフィールドプレイヤー組に別れて、それぞれのメニュー消化開始。
フィールドプレイヤー組は、ゴム紐(コーチは「チューブ」と呼んでいました)を使ったストレッチ。
片方が固定されたゴム紐のループに足首を掛け、前後左右に動かすもの。
一方向15回を片足ずつが1セット。1セット終了後、もう1人に交代し、以後、同様に別方向のストレッチを繰り返すというパターン。黙々とストレッチする選手がいれば、ペアの選手と雑談(!?)しながらの選手もいたりと、いろいろで面白かったですね。
おそらく、いつものことなのだと思いますが、体格が近い選手が組みになっておりました。
やはりマルコンとミノは頭一つ大きかったですね。

0606025_fron_06.jpgGK組4名は、これとは逆サイドで古川GKコーチと共に別メニューのトレーニング。
ストレッチの後、早速ボールを使ったトレーニングを開始。
最初はゴールを背にせず、トスでのキャッチング練習から入り、左の画像のようにゴールを背にしたトスでの練習、そしてキックでの練習という順で練習を進めていました。
いつも思うことですが、どこのGKコーチもキックの正確さには感心させられますが、古川コーチも例外ではなく、「鹿島の王子様」時代を彷彿とさせる正確なキックを次々に繰り出して、GK諸君をしごいておりました。

0606025_fron_05.jpgフィールドプレーヤー組は、チューブを使ったストレッチの後、2人1組のまま、引き続きチューブを使って負荷をかけた短距離走。
1人の腰にチューブの一端を巻き付け、もう1人が他端を引っ張るという、お馴染みのトレーニング。これも前進、背走、左右の横走りを交代で繰り返します。

同じパターンで、途中まで負荷走、残り半分をダッシュして折り返すというパターンのトレーニングに移ります。

このトレーニング後、給水と小休止。

0606025_fron_07.jpg次に1人増やして3人1組に。チューブで負荷をかけて前進するのは同じですが、もう1人がボールをトスしてヘディングするパターンに移ります。
ヘディングの後は、同様のパターンでトスを足で戻す練習。
ここまでで給水、休憩を含んで約1時間ほど経過していたでしょうか。

ちなみに2人1組で練習を行っていた間は、それほど声は出ていませんでしたが、3人1組になってボールが入るとさすがに各選手生き生きとしてきて、全体に活気が出てきました。
ちなみにヘディングを交えた練習で印象に残ったのは箕輪。正確なヘディングで、きちんと相手が受け取りやすい位置に頭で戻していたのが印象的でした。やっぱ上手いなあ、と。

0606025_fron_08.jpg以上のウォーミングアップが終わった後、ここからGK4名も合流して、全体を4組に分
けて、コート約半面を利用した、7対7(または8対8。いずれもGK1名を含む)でのミニゲームに移ります。
ゲームのルールは以下の通り(聞こえてきた内容と、見た目からの判断なので間違っているカモ知れません)。

(例) A→B 方向へ攻撃の場合。
 +----+---------+---------+----+
 |    |         |         |    |
GK    |         |         |    GK
      A      ハーフ       B
             ウェイ

  • オフサイド無し。
  • 攻撃側は上記のA-B間で5タッチ(パス。ドリブルは勘定せず)して、シュートする。
  • 但し、シュートはBの手前から打たなくてはならない。
  • 条件を満たしたシュートを撃つと「1点」。
  • 5タッチ前に後ろに戻すと、「0タッチ」にリセット(!?)。
  • 相手からボールを奪った時点で「0タッチ」にリセットして、攻撃に切り替えなくてはならない(必須)。
  • 時間はフィールドプレイヤーの人数×1分を1セット(7対7だと、6人×1分=6分)。

これ、なかなかおもしろかったです。
「5タッチ」という縛りは最終ラインからのビルドアップを意識してのことだと思いますが、それ以外にも幾つか縛りがあるせいで、素早く正確な判断が要求されることと、縦方向のスペースに限りがあり常に相手のプレスに晒されるため、互いの位置取りに対する意識とパスの精度の高さを要求されるという、見た目以上に頭を使う練習で見応えがありました。

草サッカーをされている方も人数やスペースに限りがあるときに取り入れてみては如何でしょう。なかなか楽しく遊ぶことができると思います。

4チームを入れ替えて総当たり(!?)で練習していましたが、関塚監督が見ている側の組では、監督から細かい指示が飛んでいました。
7対7のグループでは、選手だけでは足りないため、コーチも入っていましたが、エジソンコーチがなかなか軽快な動きを見せていたのが印象に残っています。

4組総当たりでミニゲームをしたところで、午前の練習は終了。ちょうど12:00前くらいでした。

全体を通じてチームの雰囲気の良さが伝わってきた練習でした。
リーグ中断を首位で迎えたオフで充電して、コンディション調整目的の合宿の序盤ということも、その理由だと思いますが、やはり結果の出ているチームは、選手、監督、コーチ、そしてチームスタッフにも余裕が出てくるのでしょう。

ちなみに、今回の大沼での練習は7/1(土)の午前中まで。
お時間が有る方は、トルナーレまで足を運んでみては如何でしょう。
詳しいスケジュールはこちらでご確認下さい。

« FD3S燃費 (2006年6月) | トップページ | 久しぶりに »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 歓迎 川崎フロンターレ御一行様:

» 歓迎 川崎フロンターレ御一行様[給与生活者の奇妙な愛情] [ニュース - ふろんたーれどっとねっと。]
[url=http://strangelove.cocolog-nifty.com/blog/2006/06/__ee7b.html]歓迎 川崎フロンターレ御一行様[給与生活者の奇妙な愛情] 歓迎して頂いちゃってます。:aa11: オヒサルのキャンプレポって、写真や楽しいエピソードは多いのですが、どんな練習やってるの...... [続きを読む]

» 【イルカつながり。】川崎フロンターレが東大沼で夏合宿中[FMいるか 街角情報・いるか号日記] [ニュース - ふろんたーれどっとねっと。]
川崎フロンターレが東大沼で夏合宿中[FMいるか 街角情報・いるか号日記] 以前、[url=http://strangelove.cocolog-nifty.com/blog/2006/06/__ee7b.html]コンササポの方のこちらのエントリをご紹介させていただきましたが、 今度は地元FM局の方が合宿を見に来...... [続きを読む]

« FD3S燃費 (2006年6月) | トップページ | 久しぶりに »

2023年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック