« 寂しいお知らせ | トップページ | 道リーグ第8節 ブラックペッカー函館 対 札幌蹴球団 @ 函館日吉 »

2006/07/06

アルファロメオ・ブレラ

060702_brera_01.jpgアルファロメオの「ブレラ(Brera)」です。

2002年のジュネーヴショーのショーピースとして登場。
その2+2のボディはガルウイングドアを持ち豪奢な内装を持つなど、少々現実離れした部分はありましたが、イタルによるスタイリングは新しいアルファロメオの「クーペ」の姿の提案のようでもあり、登場が待たれていた1台でありました。

そのブレラがプロトタイプとそれほど変わらない姿で登場したのが昨年末。
そして今年に入ってから日本にも導入されていましたが、なかなかお目にかかる機会が無く、残念に思っていたところ、先日の「東北TTD」でお目にかかることが出来ました。

幸いなことに眺めるだけでなく試乗することもできましたので、その感想を記しておきたいと思います。

今回試乗したのは3.2L V6 JTSエンジンを搭載したトップモデル、“Sky Window 3.2 JTS Q4”。

前述の通り、今回が初対面。
最初に思わず「大きい!」と口に出してしまいました。
全長は4,415mmとそれほど長くはありませんが、幅は1,830mm。
流石に幅がこれだけあると、かなりのボリューム感を感じます。

スタイルはプロトタイプそのままというには、かなり平易になっていますが、それでも充分魅力を湛えたスタイルだと思います。
全体から受ける印象は、スポーツカーというよりGTでしょうか。
個人的にはかつて英国車に見られたシューティングブレーク的なの雰囲気も感じました。これは、スタイリングを手がけたイタルデザイン(=G.ジュジァーロ)が好んで用いるモノスペース(ブロック)スタイル故でしょうか。
個人的にはもう少し小さい方が好みですが、この位の大きさならば、最近流行の「クロスオーバー」仕立てにすると面白いような気もします。

試乗車の内装色はブラック(Nero)で、シートはポルトローナ・フラウ社製のレザー。
流石にショーピースの豪華さは望むべくもありませんが、それでもアルファらしさがよく出ているように感じました。ただ、ダッシュボード上面にしようされている「シボ」の質感が低いような気もしましたが、この辺りは個人的な好みが別れるところでしょうか。

シートについては、運転席、助手席を含めてトータルで40分程度の試乗時間はでしたので断定できませんが、あまり好い印象がありません。
あまり身体を包んでくれず、滑る感じがしました。これについては、新しいせいでまだ革が堅かったせいかも知れないことを差し引くべきかも知れません。

エンジンはストレスなくトップエンドまで吹けあがり、その吹け方は如何にもアルファ。
同社のエンジンというと、どうしても音を含めて勇ましい印象がありましたが、このエンジンはノイズや振動などの不快な部分はよくチェックされていたのには好感が持てました。音質などを含めても長距離移動でもあまり疲れないタイプだと感じました。

ステアリング、シフト、アクセラレーション、ブレーキ等の各操作系の操作感は軽く運転し易い車だと思います。特に特別な部分は感じられませんでした。

ただ、個人的に気になったのは操縦性の重さ。
前述の通り、1.7tを超える車重がもたらすものなのか、それとも安定志向なのか判りませんが、前述の通り操作感は軽いものの、その先で何か思いものが動いているような、ちょっと鈍い感じがしたのが気になりました。
普段、1~1.2t程度の車重の車に乗り慣れているせいかも知れませんが、この「重さ」は、試乗の最後まで慣れることはありませんでした。
実は、自分で運転する前に知人が運転しているときに助手席に試乗していたのですが、そのときにも同様の重さを感じたのが気になりました。

060702_brera_02.jpg今回は少々狭めの山道が試乗コースの一部に入っていたのですが、やはり幅の広さには気を遣わされました。そのボディ形状から予想される通り、後方の視界も悪いので、混雑した街中などでは気を遣わされるかも知れません。

結論からいうと、ジュネーブショーに出品されたオリジナルのブレラのようなクルマを期待していたのですが、実際に乗ってみると重い感じがしたという点が、少々期待外れでした。

但し、今回の試乗コースは郊外の狭めで曲がりくねった道が多い場所でした。
また、天気も生憎の雨に見舞われるなど、少々悪い条件が重なったことも付け加えておきます。

そんなことを考慮しつつ、改めて落ち着いて思い起こしてみると、青空の下、高速道路を一気に高速で長距離走行したりすると印象も変わるような気もしています。

そう考えてみると、大人2人と大きな荷物を載せて遠くヘ安楽に旅することができる格好のいいクルマが欲しい向きにはお勧めできるクルマかも知れません。
そんなシチュエーションで、もう一度乗ってみたい、そんな気もします。

|

« 寂しいお知らせ | トップページ | 道リーグ第8節 ブラックペッカー函館 対 札幌蹴球団 @ 函館日吉 »

コメント

ブレラに乗られたのですね・・

私は試乗はまだですが・・

159の印象からすると仰せのように「GT」なんだと思います。

何だか最近「心の感度」が鈍っているのか、それとも「魅力的プロダクツ」が減っているのか「これは」と思う車が凄く少ないのですが、この「ブレラ」には、かなり参ってたりします(笑)

最も「背負うもの」が他にもありすぎるので147で精一杯ですねぇ【爆】

投稿: Komi | 2006/07/07 22:54

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26270/10805582

この記事へのトラックバック一覧です: アルファロメオ・ブレラ:

« 寂しいお知らせ | トップページ | 道リーグ第8節 ブラックペッカー函館 対 札幌蹴球団 @ 函館日吉 »