« ツーリング3日目 (釧路~摩周湖~屈斜路湖~旭川) | トップページ | ことしは8チーム »

2006/08/14

ツーリング4日目 (旭川~富良野~札幌~函館)

ケンとメリーの木さて、夏休みのグランドツーリングもいよいよ最終日。
旭川を出て、函館へ帰ります。
そのまま直帰するのもつまらないので、富良野、夕張、札幌経由の経路で帰ります。

富良野では、今や北海道の風景の代名詞となった感もある丘陵地帯巡り。

上の画像は「ケンとメリーの木」。
その他、「セブンスターの丘」などを観て回りました。

今回は車で通過するだけでしたが、今度はたっぷり時間をとって自転車で回ってみたいものです。

丘陵地帯を通過後、富良野で何か観るべきものがあった気がしたのですが、思い出せずにそのまま夕張、札幌方面へ。
R237バイパスを走行中、その「観るべきもの」を発見。

それが「土の館」でした。

土の館 トラクタ展示館 A棟ここはスガノ農機(株)の運営する、農耕具、特にプラウとトラクタを中心にした所蔵品を展示している博物館です。

特にトラクタの展示は圧巻。
A,B、2棟の展示棟があり、戦後に道内で実際に使用された内外のトラクタが50数台が展示されています。

ここでは、戦後の農業機械化の黎明期から、昭和40年代頃迄の普及期へのトラクタの移り変わりを辿ることが出来ます。
また、実車の展示のみではなく、それらが実際に使われていた頃の貴重な写真や、トラクタの歴史を説明するパネル展示なども充実しており、興味深く見学させて頂きました。

展示車には当然解説も添えられていますが、感心させられるのはその個体の来歴も併記されていることです。
以下、その一部を抜粋してご紹介します。

「プラウ・ロータリーバックレーキ付きで120万円、一年の農産販売が70万円のころ、大変高価な投資であった。」
(1962年 ファガソントラクタ MF-35型)

「当時、小清水町では初期の導入で、小松製作所から94万円を3年払で購入した。モーアは町内に2台しかなく、賃耕に寝る暇もなく働いた。」
(1956年 ノルマーグ NG22型)

「現在は使用していないが、家族全員の家宝で始業点検を続けていた。」
(1954年 インターナショナル ファーモールカブトラクタ)

「導入価格は120万円。当時農家一年の販売高が6~70万円のころ、機械化の先鞭をつけるのに、家を建てるか車を買うか2年間悩み、120万円の借金は決断的導入だったという。30才の兄と弟の二人は昼夜働き、2年間でジープ代を払い家一軒建てたという家宝のトラクタでもある。」
(1951年 ウィリス・ジープ)

「近年まで使用していた。堅牢で性能も優れていたという。使用後は苦労して買い求めたので家宝として自家保存していた。」
(1954年 フォードソン メジャートラクタ)

「300万円で導入(当時では米200俵の値)今なら5千万円相当か。同型のものの個人購入はこの一台のみ。他の10台は国の貸付で農協に配置使用した。」
(1957年 MAN AS440A型)

当時の農業機械を導入する際、いかに金銭的なご苦労があったかが偲ばれます。
しかし、それをおして機械を導入し、状況を改善しようとした農家の熱意を感じさせられます。

貴重な車両ばかりで、細部を観ていると非常に興味深い点が多く、時間が過ぎるのも忘れてしまいました。
トラクタの見学だけで時間を使い果たしてしまったため、本館の展示は見学できませんでしたので、また訪れようと決めて同館を後にしました。

トラクタのような「はたらく車」には勿論、そうでない方にも一見をお勧めしたい博物館です。

#「土の館」については、近日中に改めて詳細をエントリしたいと思います。

富良野を出た後は、そのまま夕張、札幌方面へ。
流石に富良野付近は観光や帰省シーズンともあって、交通量が多かったのが印象的でした。

トリップメーターそして函館に帰着したのが22:00過ぎ。
走行距離を確認してみると、なんと500km余りも走っていました。
予定では400km台の筈だったんですが・・・(^_^;)。

と、いうことで、ワタシの夏休みも終わり。
今回のツーリングは思いつきで旅程を決めたため、あまり各地でゆっくり出来ませんでした。
次回以降は、もう少し時間に余裕を持って移動したり、あちこち観たりできるように計画したいと思っています。

#2006/08/14 追記
この区間の燃費は以下の通り。

距離(km) 給油量(l) 消費率(km/l) 備考
503.8    56.00     9.00         旭川~富良野~札幌~函館

この区間もエアコンはほとんど使いっぱなし。
ただ、あまり急な峠越え等はなかったので、前日よりもいい結果がでたのだと思われます。

これを含めた4日間の合計(平均)値は、以下の通り。

距離(km) 給油量(l) 消費率(km/l)
1,617.5  180.9     8.94

|

« ツーリング3日目 (釧路~摩周湖~屈斜路湖~旭川) | トップページ | ことしは8チーム »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26270/11430723

この記事へのトラックバック一覧です: ツーリング4日目 (旭川~富良野~札幌~函館):

« ツーリング3日目 (釧路~摩周湖~屈斜路湖~旭川) | トップページ | ことしは8チーム »