フォト

過去日記

ファンタジーリーグ

無料ブログはココログ

« ことしは8チーム | トップページ | 初アルバムなのにベスト盤(^_^;) (Complete Best / Perfume) »

2006/08/16

「中の人」など居ない派です

最近、気に入って繰り返し読んで(眺めて)いる本をご紹介。

「着ぐるみマスコットぞろぞろ! in 英国フットボール ~ 着ぐるみが見せてくれる素顔の英国フットボール」
アルマジロひだか著 技術評論社刊

ひょんなことから英国フットボールの・・・正直に言おう、ブラックバーン・ローヴァーズに夢中に」なり、「クラブに付随するいろいろなことや取り巻く環境にも夢中になった」著者。
そんな著者をして、「気付かなかったことにしよう」と思ったのが、「なぜにこんなとんでもなく可愛くない、もとい、すんげえコワい」マスコットであるロア(Roar)君。

しかし、他のクラブのマスコット達もロア君に負けず劣らずの「猛烈にへなちょったヤツばっかりだ~!」ということに気づき、英国の各クラブのマスコット達の取材をはじめ、それをまとめたのがこの本。

斜体部は本書の「まえがき」からの引用。

見た目はいかにも軽くてお手軽な本ですが、実は大変な労作。

イングランドのプレミアシップとチャンピオンシップ(2部相当)を中心に47クラブのマスコット達(中には「生身の人間(≠着ぐるみ)」も居る!!)を集めただけでも相当なものですが、「着ぐるみは『クラブに傾倒しすぎているファン代表』みたいなもの」だと気付いた筆者によって、マスコットを通じて描かれる英国のフットボール文化の一端はなかなか興味深いものがあります。

この本の目玉はなんといっても“Behind the Mascots(中の人にきいてみました)”の章。
本来、ワタシはこのエントリのタイトル通り「『中の人』など居ない」派なので、このような行動は激しく糾弾したいところですが、如何に彼の地のフットボールクラブが地元に根付いた存在であるかを示す重要な章なので、今回だけは許してしまおうと思います(^_^;)。

マスコット好きは眺めているだけでも楽しめるのは当然のこと、そうではなくてもサッカー好きなら、彼(彼女)らの姿を通じて、いろいろと考えることができるでしょう。

チームを、クラブを、サポートするということは? 地域に根付くということは? 歴史って? そして楽しむってことは?

いろいろなキーワードが隠されている1冊だと思います。

« ことしは8チーム | トップページ | 初アルバムなのにベスト盤(^_^;) (Complete Best / Perfume) »

コメント

TBありがとうございます。
というか、あの本のエントリにTBとは実に通でいらっしゃいますね。
ノホホンとしてますが良い一冊ですよね。
いま私の買ったやつはサポ仲間の手を回覧されています。
やはり泣けるようです。

>笹姐さん

コメントありがとうございます。
友人にこの本のことを話したら、笹姐さんのところでも
取り上げられていたというので、TBさせて頂きました。

>ノホホンとしてますが良い一冊ですよね。

本当にいろいろなことが詰まった、濃い1冊だと思います。

>やはり泣けるようです。

サポを自認するものには感ずるものがありますよね。

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「中の人」など居ない派です:

« ことしは8チーム | トップページ | 初アルバムなのにベスト盤(^_^;) (Complete Best / Perfume) »

2023年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック