« 八戸の夜 | トップページ | 全日程終了 »

2007/02/12

第74回全日本アイスホッケー選手権大会 準決勝 (2/11(日))

さて、第74回全日本アイスホッケー選手権大会もいよいよ準決勝。
すっかり遅れてしまいましたが、以下、結果と簡単な感想です。

準決勝 2/11(日) 会場 : 新井田インドアリンク。

13:00 #25 日本製紙クレインズ 7 (0-1/1-0/6-1) 2 日光神戸アイスバックス

結果だけ見ると、いつも通りクレインズが圧倒した試合だが、実際にはバックスの健闘が目立った試合。
3Pの途中まで、バックスは運動量、集中力共に途切れず、このままの状態が続けば、古河電工時代以来の決勝進出もあり得るのではないかと感じさせる試合でありました。
ただ、クレインズの4点目が入った時点で、バックスもメンタル的に「きれて」しまったのか、その後は、今シーズン繰り返し観られたクレインズの得点ショーに。
クレインズの4点目は、僅かな守備のマークのずれから許してしまった失点だっただけに、あの場面でもう少ししつこい守備ができなかったかと悔やまれる。

16:30 #26 SEIBUプリンスラビッツ 2 (1-1/0-0/1-0) 1 王子製紙

先制したのは王子。ラビッツはなかなかペースを掴めずにいたが、1P終了直前に同点に。
2P以降も、互いにいい攻めを見せるが、春名、菊地の両GKの好守もあり、なかなか追加点を奪えず。
3Pには、王子がペースを掴んだ時間帯に、2人多い絶好のPPチャンスを得るが、ラビッツDF陣の粘りもあり、追加点を奪えず。王子としてはここで得点を奪えなかったことが敗因。
対するラビッツはPP終了直後、河合が押し込み逆転。
試合終了1分前から王子が6人攻撃を開始。ラビッツゴールに迫るが、残り僅かでヘンディが反則を取られ、万事休す。王子の3年連続の決勝進出はならず。

ということで、今日(2/12(月))の組み合わせは以下の通りとなりました。

会場 : 新井田インドアリンク  
3位決定戦 10:00 日光神戸アイスバックス 対 王子製紙  
決勝戦 13:30 日本製紙 対 SEIBUプリンスラビッツ  

なにやら、今週末から始まるプレーオフの前哨戦ともいえる組み合わせとなりましたが、どうなりますか。

|

« 八戸の夜 | トップページ | 全日程終了 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26270/13877452

この記事へのトラックバック一覧です: 第74回全日本アイスホッケー選手権大会 準決勝 (2/11(日)):

« 八戸の夜 | トップページ | 全日程終了 »