« 201系EC | トップページ | ウイークエンド・シャッフル#2(2007/04/08) »

2007/04/09

2007年 J1第5節 千葉 対 横浜FC@フクアリ

2007_0408 J1第5節 千葉対横浜FC@フクアリ2007年 Jリーグディヴィジョン1 第5節 JEF市原千葉 対 横浜FC 戦をフクダ電子アリーナにて観戦。

結果は4-0でJEFの勝ち。
ホームのサポーターの前で嬉しい今季リーグ戦初勝利となりました。

以下、簡単に感想を。

天候は曇り。やや肌寒さを感じる中、横浜FCのキックオフで試合開始。
序盤からJEFペース。

先制点は27分、水野。右サイドから角度の無い難しいコースのシュートでした。
しかし、ここまでに何度か同じような場面があったので、やっとという感じもありましたが(^_^;)。

その後もJEFペースで試合が進むものの、フィニッシュの精度がやや低いきらいもあり、1-0のまま前半終了。

後半は、前半使えていなかった両サイドのスペースを使うように修正してきた横浜が押し込む場面も見られるようになります。

そんな中、20分に巻(会場ではオウンゴールと発表)、25分に羽生が得点して、ここでほぼ試合は決した形に。
巻のゴールは個人的にはオウンゴールのような気もしますが、あの場面で求められる仕事をした彼の得点としても、それほどバチは当たらないかも(^_^;)。
羽生のゴールは、菅野の弾いたリバウンドのリバウンドを押し込んだもの。

更にその3分後には山岸が4点目を決めて、だめ押し。

結論からいうと、JEFの圧勝に見える試合ではありましたが、JEFも決して盤石とはいえず。
攻撃面はある程度上手く回っているようにも見えましたが、フィニッシュの精度がやや低かったように感じました。
あと、このところの連戦の疲れが出たのか、後半の30分過ぎ、4得点後には運動量が明らかに落ちていました。ここで相手が運動量豊富な攻撃の選手を投入していたりした場合には、大きく崩されるおそれもあったのではないかと。

逆にいうと、JEFの足が止まりかけた時間帯に、横浜が中盤でもう少し相手を引き出してスペースを作るような動きが出来なかったのが、JEFが無失点で終わることができた原因かも知れません。
尤も、それが出来ないのが今の横浜の悩みどころでしょうか。

横浜は守備面では山口を中心にある程度組織的な動きができても、組織的な攻撃の形を作れず、好機があっても各個人の突破に頼る場面が多く見受けられました。
本来ならば奥あたりが中心に組み立てを図るべきなのでしょうが、それが出来ていないように感じました。この辺りを修正出来るか、否か。これが今後の横浜の課題でしょう。

ちなみにこの試合の主審は家本さん。
でも、お伝えするようなネタは何もありません(笑)。
つーか、それが普通の試合というモノです。

さて、個人的にはこれが初のフクアリ詣で。
2002年のW杯に向けて作られたスタジアムに較べると、決して設備的に優れているわけではありませんが、必要なものは充分に備えたスタジアムだと感じました。
いい意味でお金をかけるべきところにお金を使い、要らないところは抜く、そのバランスが取れているのでは無いでしょうか。
東京以北(以東!?)では、ユアスタと双璧だといっていいでしょう。

やっぱり専用スタジアムって、いいものですね。

|

« 201系EC | トップページ | ウイークエンド・シャッフル#2(2007/04/08) »

コメント

ご無沙汰してます。フクアリは見易くていいですよね。
ちなみに昨日は家のすぐ近所でコンサホームゲームがあったのですが、
時ならぬ大雨にチケット売場寸前まで来て引き返した腑抜けです(^^;)

投稿: あらくま | 2007/04/13 00:01

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26270/14616022

この記事へのトラックバック一覧です: 2007年 J1第5節 千葉 対 横浜FC@フクアリ:

« 201系EC | トップページ | ウイークエンド・シャッフル#2(2007/04/08) »