« 落ち着かない | トップページ | ルーテシア燃費(2007年10月~) »

2007/11/18

2007年J2第50節 札幌対京都@札幌ドーム

残念ながら、事情により現地に赴けず。
TV(スカパー!)での観戦と相成りました。

結果は2-2のドロー。またしても(!?)昇格決定はお預け。

NHK総合の解説を担当した野々村氏が、ハーフタイムに札幌が勝つポイントとして「いつも通りのサッカーをする。そして+αを出す」とコメントしていたようですが、図らずも両チーム共に「+α」を出した結果となりました。

1-1のまま、或いは2-1のまま終わってもおかしくない試合でしたが、その場面毎に、互いが「+α」を出して意地を見せ合った試合だったといっていいでしょう。

ウチにとっては、西谷の不在を嘆かざるを得ない場面もありましたが、それは京都にしても同じこと。パウリーニョが居れば、ウチが負けを喫していたかも知れません。
J2という長丁場も大団円を迎えようとしている中、互いにベストフォームではないながらも、最後まで自分たちのサッカーを繰り広げた試合でありました。

別な見方をすると、互いに特定の選手のパフォーマンスでここまで上位争いをしてきた訳ではない、それを再認識させられる試合だったともいえるでしょう。
勝てなかったことは勿論残念ですし、悔しいシーンもありましたが、全体的には納得のいく濃い内容の試合でありました。

さて、次節はウチがお休み。
1週間生殺しの状態となりますが、選手、スタッフはそんなことは気にせず、有終の美を飾るためにしっかり準備をして欲しいと思います。

|

« 落ち着かない | トップページ | ルーテシア燃費(2007年10月~) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26270/17113542

この記事へのトラックバック一覧です: 2007年J2第50節 札幌対京都@札幌ドーム:

« 落ち着かない | トップページ | ルーテシア燃費(2007年10月~) »