« 鉄道ピクトリアル 2007年12月号(通巻797) | トップページ | 誰も寝てはならぬ 7 »

2007/11/04

とりぱん 4

「身の丈ワイルドライフ」も、早いもので第4巻目。

今回の帯によると「焙じ茶に合います。」だそうで、焙じ茶好きのワタシには絶好の1冊か(笑)。

ちなみに、4巻目にして仕事場をご実家から「50坪の菜園がある」借家に移動されたようで、そのエピソードも含まれています。
#一応、毎週読んでいるつもりですが、気付きませんでした(^_^;)。

連載開始当時はプー同然から、4巻で独立(!?)。
このペースだと8巻位で豪邸建設でありましょうか。
今後の成り行きを見守りたいと思います。

余談はともかく、いつもながらの鋭い観察眼には感服。
おそらく、モーニング誌上の他の作品群と比べて、刺激もなく、地味、かつマンネリの危険性がある、この作品の連載が続いているのも、この観察眼と、それを物語に落とし込む著者の独特のセンス故ではないかと。

ちなみに、1~3巻でも感じたことではありますが、本巻の冒頭(81羽)の口絵や、巻末に収録された短編(「花」)をみると、正統派の「少女漫画家」であることを再認識。
本編は一見それほど画力があるようにはみえませんが、ある一定の技量がある故に出来る技なのかな、と。

おそらく、鋭い観察眼や、センスだけでなく、この画力もまた人気の秘密なのかも知れません。

|

« 鉄道ピクトリアル 2007年12月号(通巻797) | トップページ | 誰も寝てはならぬ 7 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26270/16977781

この記事へのトラックバック一覧です: とりぱん 4:

« 鉄道ピクトリアル 2007年12月号(通巻797) | トップページ | 誰も寝てはならぬ 7 »