« 由緒正しき色物 | トップページ | 見慣れぬ景色 »

2007/11/11

酔いどれ天使

うめ吉姐さんのCDに引き続き、最近よく聴いているのが、Amy Winehouse。

ここ数ヶ月、ラジオでOAされたり、雑誌メディア等でも取り上げられる機会が多いので、既に説明不要カモ知れません。
ブリティッシュ・ブルーアイド・ソウル界期待の歌姫であります。

彼女を知ったのは、友人からの紹介。

“Back to Black”を先に聴いたのですが、ジャケ写の印象と全く違う野太い歌声にやられました。
23歳だそうですが、声だけ聴くとそうとは思えない渋さ。

更に驚いたのが、その「音」。
これは本当に21世紀の新譜なのか、と一瞬耳を疑うような’50~’60年代のブルース、ソウルミュージックを彷彿とさせるアナログ感溢れる音作り。
特にタイトルチューンである“Back to Black”など、一体何時の録音なんだと訝ってしまうほどの「出来」。

注意して聴いてみると、実際には彼女が影響を受けたというヒップホップ等のイマドキのものに近いリズムも入っていたりするんですが、スタッフが旧いブルース、ソウルを相当研究した上で、音を作り込んだというあたり、なんともいえないルーズなリズムが非常に気持ちよく響きます。
個人的には、ゆるいドラムと、ホーンセクションが印象的なM2 “You Nnow I'm No Good”が一番のお気に入り。

“Back to Black”は、彼女にとって2ndアルバムということで、こうなると、1stは一体どうなってるんだ、と手にしたのが、“Frank”。
こちらは2ndほどのレトロ風味はなくイマドキの仕立てなんですが、既に完成度も高く、各方面で高い評価を受けているのも頷ける内容。

アンファンテリブルなヤング・ソウル・クイーンの出現なわけですが、問題はこのAmy嬢、アル中一歩手前(つーか、既にその領域に入っているという話も)で、ある賞の授賞式をすっぽかしたり、リバビリから逃げ出したりと、公私ともにいろいろお騒がせなお嬢さんの由(^_^;)。
“Back to Black”のM1 “Rehab”は、まさにそのエピソードで「みんなリハビリにいけ、っていうけど、そんなのまっぴらゴメンだわ」(超意訳)なんて曲だったりもします。

ちなみに、デビュー直後ということを考えると、この2枚のアルバムは驚くほど完成度が高いということがいえるでしょう。
逆にいうと、ネタはまだあるのだろうか、ということが気になります。
本人の属人的な曲の内容を続けると、マンネリ化につながり飽きられてしまう可能性もあります。
ただ、ブルース、ソウルの世界は奥が深いだけに、違うネタもあるとは思いますので、次のアルバムの出来は、彼女の今後を占う重要な作品になるような気がします。
#いきなりカヴァー集とかだったりすると、びっくりしますが(笑)。

しかしネタが続くかよりも、キャリアが続くかは、本人の健康状態が問題、という危険性もありますが・・・(爆)。

健康には気をつけてください、ホント(^_^;)。

|

« 由緒正しき色物 | トップページ | 見慣れぬ景色 »

コメント

なんか、そそられますね・・・iTunesで検索。
ちょいとひねくれて「iTunes Festival:London」のほうを落としてみました。Liveだとどんな感じかな。

最近、もっぱら聞いているのはRaising Sandです。ロバート・プラントがブルーグラス界の歌姫(らしい)、アリソン・クラウスとのデュエット。聞くほどに、ロバート・プラントの歌い方って、伝統的なカントリーの流れとドンピシャだったんだなあと感じることしかリ。You Tubeにも画像が上がってますが、「ロバート・プラントも老けたねえ」とお約束のコメントつけられてます(笑)。

投稿: akira isida | 2007/11/12 19:52

>isida さん

毎度です(^_^)。
Liveはどんな感じだったでしょう。
感想聴かせてください。

>Raising Sand

ようつべ覗いてみました。

A legend of Rock'n'roll and an Icon of Bluegrass ですか(^_^;)。
ちょっと惹かれるものがあるので、CD探してみます(^_^)。

投稿: nan | 2007/11/16 01:32

Back to Blackと聞き比べてみました。

客は350人限定と言う、大きすぎないホールでの録音の所為か、楽器の音もシャキッとしてますし、客との一体感もあります。

当然ですが、歌はよりJazzyな感じです。スローな部分はほど良くレロレロしてますし、リズムに乗るとこもパンチあります。歳に似合わない感じですが、この人の天性なんですかね。

この録音の2週間後に薬のやり過ぎで倒れてしまったそうなのですが、復帰したんでしょうか。


投稿: akira isida | 2007/11/18 03:15

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26270/17046503

この記事へのトラックバック一覧です: 酔いどれ天使:

« 由緒正しき色物 | トップページ | 見慣れぬ景色 »