« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »

2008/02/19

北千住にて

080219 JR北千住駅構内にて。特急列車通過待ち。特急列車を待ち合わせ。 約5分遅れて発車予定でし。

なんか最近、こういうコトに遭遇しがちな気がするのは、気のせい?(^_^;)


| | コメント (0) | トラックバック (0)

フルモデルチェンジ

新型戦車:20年ぶりモデルチェンジ…試作車公開 防衛省 (毎日新聞)

先日、こんなエントリをアップしたのは、これを知っていたわけではありません。
全くの偶然でし(^_^;)。

120mm滑空砲の抗力に対応できるギリギリの重量と、90式でも装備できなかったC4I装備、そしてお家芸の油気圧式サスペンション装備、等々、スペックとカタチは、ほぼ事前に流れていた情報通りですかね。

スタートプライスが7億円(!?)ですか。
現在の90式が約10億から始まって、現在の調達価格が7億程度ということと、74式を置き換えることを考えると、まずまずでしょうか。

今後の調達計画がどうなっているか知りませんが、61式が退役したのが2000年。就役から約40年と考えると、74式も2020年くらいまでは頑張るコトになるのでしょうか。

続きを読む "フルモデルチェンジ"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ちょっと欲しいカモ

Sony Ericsson、3インチWVGAタッチパネル+フルキー+横スライド搭載スマートフォン「XPERIA X1」発表

なかなかよさ気でであります。 WindowsMobileベースのようですが、UIをカスタマイズしているというのがいいですね。

W-Zero3を使ってみて気付いたのは、あのサイズの画面でWindowsそのままのUIというのは無理があるということ。
「中身」はともかく、見た目と触った感じは、各デバイス毎に最適なものがあると思いますので、いい流れではないでしょうか。

あとは、そのUIが(フリー、シェアウェアを含む)サードパーティのソフトウェアとどの程度融和性があるかが気になります。

もしも国内導入されたなら、W-Zero3やめて、これに一本化してもいいかなぁ、なんて思ったりして。
でも、auがこれを導入してくれるかというと、望み薄でしょうねえ・・・(^_^;)。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008/02/18

自粛中!?

080217 都内某所にてなんといいますか。

ここまでしなくてもいいと思うんですが。

#偶然とは思いますが、絶妙すぎます(笑)。


| | コメント (3) | トラックバック (0)

2008/02/11

乗り換え

080211 関東鉄道 キハ102(水海道駅にて)コレで判ったかな!?

水海道駅で下館行きに乗り換えです。 乗り換えたのは、キハ102です。



続きを読む "乗り換え"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

天気に誘われ

080211 関東鉄道 キハ2107 運転台ちょっとお出かけ。

ちなみにこの画像だけで、何処へ行くか判ったヒトは、相当アレげです(^_^;)。


続きを読む "天気に誘われ"

| | コメント (3) | トラックバック (0)

かつて永大産業というチームがあった。

すでにサッカー好きの間で話題になっていますが、快著であります。

かつて永大産業サッカー部というチームが、日本リーグに所属していました。
ワタシにとっては、ジャイロ、ジャイール、アントニオというブラジル人トリオの力もあって、短いながらも活躍したという知識しかなく、ホームタウンがどこで、どのような歴史を持ったチームか、といったことなど、これまで興味を持つことはありませんでした。

当然、創部から3年で「天皇杯で優勝する」という、常識では有り得ない目標を掲げ、しかもほぼ目標に近いところまで成し遂げてしまったという事実など、知る由もありませんでした。

本書は、その永大産業サッカー部の、創部から廃部に至るまでの過程を、チーム立ち上げに携わった河口洋氏を軸に描いた物語であります。

[初稿: 2008/02/03 00:39]
[2008/02/11 追記ついでにageました]

続きを読む "かつて永大産業というチームがあった。"

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2008/02/10

珍しくこんなところで

080210 JR我孫子駅 構内(1)降りました。

常磐線は天王台駅構内での人身事故のため、上下線不通になっちゃっていたのでありました。


続きを読む "珍しくこんなところで"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

「スヰート檸檬」遊佐未森

遊佐未森の最新作は、前々作「檸檬」に続く、カバー集第2弾。

戦前の曲ばかりだった前回に対して、今回は戦後の曲が殆ど。
タイトルが発表された時点で、ある程度予想はしてましたが、予想以上にベタな楽曲が並んでおりました。

ベタですけど、気に入って聴いてます。

詳しい感想は、また気が向いたら追記します。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

月刊グランドパワーNo.166「陸上自衛隊61式戦車」

久しぶりにAFV専門誌なんて買いました。

内容は61式戦車の開発ストーリー。
なかなか読み応えがあります。

詳しい感想は、また後ほど。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/02/03

世界の傑作機125「コンベアB-36ピースメーカー」

二月に一度のお楽しみ、世界の傑作機の時間がやってまいりました。

通巻125号は、世界最大のレシプロ爆撃機コンベアB-36ピースメイカーであります。


続きを読む "世界の傑作機125「コンベアB-36ピースメーカー」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「天才」長谷見昌弘

「レーシングオン」No.424の特集は「長谷見昌弘」。

普段は同誌をあまり手を取る機会はありませんが、ワタシが敬愛して止まない「世界一」のドライバー長谷見さんの特集とあっては、買わずにいられますまい(笑)。


続きを読む "「天才」長谷見昌弘"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

GRデジタルキラー登場!?

昨年、Photokinaで発表済みだった、シグマのコンパクトデジタル「DP1」が2/1より発売だそうです。

コンパクトボディにデジ一眼用FOVEON、シグマ「DP1」今春発売

続きを読む "GRデジタルキラー登場!?"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

サッカー茶柱観測所 (えのきどいちろう著)

サッカーマガジン連載(一部「サッカーJ+」掲載分も含む)のえのきどいちろう氏のコラムが単行本にまとまりました。

連載当初から、これはまとめて読むと読み応えがあるのではないかと思っていましたが、その考えは当たっていたようで、実に滋味深い読み物になっています。

基本的には「ネタ系」で、コアなファンから見ると、不謹慎というかくだらないネタに見えるものも多々ありますが、よく読んでみれば、「首までどっぷり浸かって」いない一歩引いた立ち位置から眺めているからこそ見えてくれることを、しっかりと書いてくれています。

連載中からのファンも、そうではなかった方も、これを機会に読み返してみると、改めて大事なことが見えてくる、そんな一冊のような気がします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »