« ちょっと欲しいカモ | トップページ | 北千住にて »

2008/02/19

フルモデルチェンジ

新型戦車:20年ぶりモデルチェンジ…試作車公開 防衛省 (毎日新聞)

先日、こんなエントリをアップしたのは、これを知っていたわけではありません。
全くの偶然でし(^_^;)。

120mm滑空砲の抗力に対応できるギリギリの重量と、90式でも装備できなかったC4I装備、そしてお家芸の油気圧式サスペンション装備、等々、スペックとカタチは、ほぼ事前に流れていた情報通りですかね。

スタートプライスが7億円(!?)ですか。
現在の90式が約10億から始まって、現在の調達価格が7億程度ということと、74式を置き換えることを考えると、まずまずでしょうか。

今後の調達計画がどうなっているか知りませんが、61式が退役したのが2000年。就役から約40年と考えると、74式も2020年くらいまでは頑張るコトになるのでしょうか。

さて、2010年の配備を目指している、ということは、制式名称は「10式」ってことになりますか。
もしも、前倒しで2009年中に制式化されると・・・。

「9式」

新型なのに、いきなり「旧式」ってのは、ちょっとイヤなので、予定通りでお願いします(笑)。

|

« ちょっと欲しいカモ | トップページ | 北千住にて »

コメント

>nan様

例によって妙なトコロに反応させていただきますm(__)m

>>9式旧式??

今度のオリンピックに出場される、馬場馬術の選手のお名前は「法華津さん」ですよね...

TVでの物言い、姿勢等々を拝見しますに、やんごとなき階級のお方だとお見受けしますし、還暦過ぎても競技を続けられるのもご立派なのですが...「ばばばじゅつだいひょうの ほけつせんしゅ」...なんかこぉ..(^_^;)。

>>戦車のおねだん

ゴッホの「ひまわり」が50億円なので戦車5台...中くらいの美術館ですと土地建物所蔵品全部合わせると1000億円越えでなんだかんだイージス艦一隻分...自衛隊装備もいいおねだんですが、文化財ってバカ高いのですね。
美術の美しさって「散財」の潔さだから、基本的に美術館が儲かるワケないってだれかいってましたf(^ー^;。

投稿: 1sugi | 2008/02/23 10:06

>1sugiさん

遅レス申し訳ないm(__)m。

>「法華津さん」

・・・知りませんでした。世の中、あるもんですねえ・・(^_^;)。

>美術の美しさって「散財」の潔さだから、基本的に美術館が儲かるワケないってだれかいってましたf(^ー^;。

なるほど。平時の軍備もいわば「散在」の類ですから、美術の世界に近いのカモ知れません【バコッ★<あっちこっち】。
冗談はともかく、確かに美術館、博物館に行ったとき、所蔵物を見ながら、ふと「お値段」を考えて、コワイ考えになってしまうことがあります。
個人のコレクションならいざ知らず、公的コレクションの場合は、「スポンサー」を納得させる手練手管も関係者には必要、なんて話も聞いたことがあります。

どこの世界も大変ですよねえ(と、人ごとのようにいってみる(^_^;))。

投稿: nan | 2008/03/02 23:57

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26270/40176556

この記事へのトラックバック一覧です: フルモデルチェンジ:

« ちょっと欲しいカモ | トップページ | 北千住にて »