« 初夏の夜の秘め事 | トップページ | 不審車両にご注意を »

2008/06/29

RX500復元へ

伝説のマツダRX500展示へ (中国新聞)

'70年代にクルマ好きのお子様だった方々には堪らないニュースでしょう。

予てよりマツダの倉庫の中に眠っているという噂は聞いていましたが、こうやってレストアされたことは喜ばしい限りです。

そのレストアの模様は、担当者の方のblogで紹介されています。
おそらく、企画展に間に合わせるため、外観面の補修が主になっているようでが、ゆくゆくは走ることが出来るところまでレストアされることを望みます。

ちなみに現在の塗色に行き着くまでは、完成時の緑色、1970年の東京ショー初出時の黄色の後、現在の銀色に塗り替えられたようです。
このため、個人的には信用していませんでしたが、RX500は複数存在するという説もありました。
今回のレストアの過程で、現在の塗装の下から緑と黄色の層が確認できたということで、その風説も誤りであったことが証明されたことになります。

#個人的には黄色、緑、銀の純だと思っていたのは、内緒です(^_^;)。

オリジナル部品を尊重した作業が行われているようなのも、好感が持て、仕上がりが楽しみです。
また、個人的に似合っていると思う

ちなみに公開されるのは広島市交通博物館
7/19〜8/31の間、開催される「幻のスーパーカー展」だそうです。

とはいえ、広島は遠くて観に行けないんですけどね・・・(;_;)。

ところで、1970年の東京ショーというと、トヨタEX7なんて同期生がいますが、こちらはもう残ってないんでしょうか。
残っていたらかなりの驚きなんですが・・・。

|

« 初夏の夜の秘め事 | トップページ | 不審車両にご注意を »

コメント

あっち(?)にも書きましたが、8/2に福田さんと濱口さんのトークショーがあるそうです。広島弁でのドツキ漫才が繰り広げられることは必至ですので、楽しめること請け合いです。

惜しいのが、臨時寝台特急の「サンライズゆめ」の運行日が翌週なんだよなあ。←何考えているんだか。

投稿: akira isida | 2008/06/29 12:56

訂正

濱口さんでなく濱谷さんの間違いでした。

それにしても、この博物館は常設で実車を一台も置いていないんですよね。クルマから路面電車から、ぜんぶ模型だけ。もったいないよなあ。

投稿: akira isida | 2008/06/29 18:24

>isidaさん

情報ありがとうございます。
行くとしたら、この日ですね。
でも、広島は遠いなあ・・・。

投稿: nan | 2008/07/01 00:14

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26270/41677389

この記事へのトラックバック一覧です: RX500復元へ:

« 初夏の夜の秘め事 | トップページ | 不審車両にご注意を »