« きょうの晩ごはん(1/11) | トップページ | きょうのお昼(1/12) »

2009/01/12

かぶとむし

2009/01/11 VWタイプI 斜め後方からの眺め市内某所で見かけたVWタイプIです。
タイプIは、この角度から見た姿が一番好きです。

エンジンフードのルーバー部のカバーとか、その上のキャリアとか、最近は見かけなくなった当時モノのオプションパーツがいい雰囲気です。

と、いうよりも、ナンバーとクルマの状態から察するに、途中で追加されたのではなく、新車当時に追加されたそのままのものでしょう。
全体的に程度がいい方ではありませんが、所有者の方と生活を共にしてきた年輪を感じさせる、いい歳の取り方をしている1台だと思います。

2009/01/11 VWタイプI 前方からの眺めタイプIというのは元々が実用車ですから、こういった生活と密着した雰囲気を感じる個体が生き残っているのは、クルマ好きとして喜ばしいことだと感じます。

2009/01/11 VWタイプI リアビューVWタイプIは1945年から、メキシコでの生産も含めると1998年までの永きに渡り造られたクルマですので、年式を断定するのは難しいクルマの一つです。

しかし、エンジンフードのオーナメントと1本出しのテールパイプから、フュエールインジェクション装着エンジン搭載車だということが判ります。
(キャブ車はお馴染みの2本出しのテールパイプになります)
全体の雰囲気から、おそらくオリジナルのままだと思われますので、その大きなテールランプから1973年以降のモデルだと思われます。

おそらくは、インパネの形状や内装等から、もう少し具体的な年式を特定可能なのでしょうが、ワタシには無理な所業なので止めておきます(^_^;)。

2009/01/11 VWタイプI コーナーポールちなみに左のバンパーの端には、こんなかわいいコーナーポールも付いていました。

永く大事に乗ってあげて欲しい、そんなことを思わせる1台でありました。

|

« きょうの晩ごはん(1/11) | トップページ | きょうのお昼(1/12) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26270/43713218

この記事へのトラックバック一覧です: かぶとむし:

« きょうの晩ごはん(1/11) | トップページ | きょうのお昼(1/12) »