« 外は雨だよ | トップページ | 晴れました。 »

2009/06/07

21世紀に間に合いませんでした

2009/06/06 トヨタ・スポーツ800ガスタービン・ハイブリッドを前方から望むというのは、少々酷な話。

今のところ自動車の動力源としてレシプロ・エンジンが主流となっていますが、常にその代替となる動力源が模索され、電機で動くモーターを利用した電気自動車もその一つであることは、ここで改めて云う必要はないでしょう。

しかし電気自動車には常にバッテリーの容量が長距離走行には適さない(不足する)という問題があり、その解決方法の一つとして、レシプロ・エンジンを含む内燃機関で発電して得た電力でモーターを駆動する、或いはその双方の動力を利用するという「ハイブリッド方式」が、トヨタのプリウスやホンダのインサイトに代表される量産車に採用されているのは皆さんご存じの通り。
#実際には鉄道車両ではとっくの昔に実用化されていたというのは、また別な話なので、ここでは触れません。

そのハイブリッド方式を研究する過程で(或いは今でも)、発電用内燃機関として有用だと考えられたものの一つがガスタービン機関であります。

2009/06/06 トヨタ・スポーツ800ガスタービン・ハイブリッド説明板ハイブリッド方式の動力源を採用した量産車の代表であるトヨタ・プリウスの3代目登場に併せて、オートサロンアムラックス東京にて「進化する!トヨタ ハイブリッドカー展」という展示が開催されています。

その展示の目玉がこの「トヨタ・スポーツ800ガスタービン・ハイブリッド」です。
説明板によれば1997年の東京モータショーにこのコンポーネントが展示されたとありますが、その当時や、その後に発表された写真から、外観からノーマルとガスタービン・ハイブリッド車であることを判断する方法はフロントグリルの意匠が違うことと、その下部にナンバープレートのベースのようにも見える四角い突起が認められることの2つだと記憶していました。

2009/06/06 トヨタ・スポーツ800ガスタービン・ハイブリッド エアインテークしかし、今回展示された車両を観ると、エンジンフードに大きなエアインテークを備えています。これは今回、新しい発見でありました。
やはりノーマルのフロントグリルからの空気の流用のみでは、大きな熱を発するガスタービンの冷却には役不足だったということでしょうか。

それにしても、存在は広く知られていましたが、一時期は失われたとも囁かれていたこのクルマが残っていて、このように公の場で公開されるというのは喜ばしいことであります。

2009/06/06 トヨタ・スポーツ800ガスタービン・ハイブリッドを後方から望むその後もトヨタはガスタービンを動力源とした車両の研究を続けており、1985年の東京モータショーにはGTVという車両が出展されています。
これは2軸式タービンを搭載したものではハイブリッドではなく、軸出力を車輪に伝えて駆動する方式の車両でしたが、実走も可能で仕上がりのレベルも高いクルマだったと、当時のメディアで取り上げられていたことを記憶しています。
このクルマもトヨタ博物館に所蔵されているという情報もあります。それが本当ならば何かの機会に目にすることが出来ればと思っています。

#2009/06/07追記
  GTVがトヨタ博物館に所蔵されているというのは未確認情報です。

このようにかつてはレシプロ・エンジンに取って代わる有力な動力源として期待され、トヨタだけではなく世界中の自動車メーカーが熱心に研究を進めていた時期もあります。
今年のヴィラ・デステにも登場したギア・ジルダなども、その一つでした。

しかしガスタービンは、高効率、低エミッションという利点を持つものの、低負荷域での燃費の悪さ、負荷変動の対応に弱いなどの不利な点もあり、陸上を走行する車両の動力源としては採用されていないのが実情です。
#前述の鉄道車両や一部の軍用車両の例はありますが、それはここでは敢えて捨て置きます(^_^;)。

しかし、どこかで技術的なブレークスルーがあり再び表舞台に登場する機会があるかも知れません。そのときは「来なかった未来」ではなく「遅れてきた未来」と呼ぶことになるのでしょうか。

さて、今回久しぶりにトヨタ・スポーツ800を間近で観ましたが、こういった小さなスポーツカーはやっぱりイイですね。

|

« 外は雨だよ | トップページ | 晴れました。 »

コメント

> このクルマもトヨタ博物館に所蔵されているようですので…

あれ、あったかな~?。
聞いておきます。

投稿: かず | 2009/06/07 19:28

>かずさん

GTVの件はちょっと不確実情報なので、ご確認頂けると有り難いです【だったら書くな<バコッ★】。
博物館じゃなくて、本社が持っているのかも知れませんが。

投稿: nan | 2009/06/07 23:09

確認しました処、ヨタ8GHVはトヨタ博物館ではなく、技術部扱いではないか、と。

…と、書いて良く読んだら、GTVの話だったのですね。
もう一度聞いてみます(°°)☆\(^^;)バキッ

これですよね>TOYOTA GTV
http://www.youtube.com/watch?v=YRfFg5UdBp8

投稿: かず | 2009/06/08 22:36

…と、いうことで判明しました。
GTVの1台はトヨタ博物館の収蔵車両ですが、保管場所は別な所にて保管しているそうです。
なので、何かの展示の場合に持ってきて展示するそうです。

投稿: かず | 2009/06/09 09:14

かずさん

なるほど,収蔵庫には置いてなかったんですね.見逃したのかと思っちゃいました(笑).

ガスタービンは燃料のグレードを落とせるのがメリットでしょうか.騒音とかは厳しそうですが.

投稿: akira isida | 2009/06/11 21:03

>かずさん
確認ありがとうございました。
何かの機会に観ることができるといいな>GTV。
ヨタ8GTハイブリッドの件もありがとうございます。ためになりました。

>isidaさん
マルチ・フュエールはガスタービンの特徴の一つですね。
米軍が湾岸戦争のとき補給を考えて、渋る海軍をねじ伏せて燃料を統一したなんて話もありましたが、あれもガスタービンだから出来たことですね。

投稿: nan | 2009/06/11 23:33

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26270/45261490

この記事へのトラックバック一覧です: 21世紀に間に合いませんでした:

« 外は雨だよ | トップページ | 晴れました。 »