« フライング!? | トップページ | 五代目見参 »

2009/06/11

明るい話題

Chevrolet builds 1,500,000th Corvette (worldcarfans.com)

"General"が"Government"になっちゃうのか、とか揶揄されているGM。
ハマーとかサターンとか、その他もいろいろ切り売りしているという話題の中で、看板商品の一つであるCorvetteの生産150万台達成は、ちょっとホッとする話題です。

約60年で150万台。プレスリリースによれば、1台目が1953年、50万台目が1977年、100万台目が1992年とありますので、毎年平均2〜2.5万台程度コンスタントに生産され続けてきたことになります。
スポーツカーといえば、イタリアのアレとか、ドイツのソレとかを思い出しますが、この数字から世界で最も沢山スポーツカーを作っているメーカーのひとつがGMだということになります。
#ついでにいうと、日産とマツダもなかなかのものなので、お忘れ無きよう(^_^)。
#まあ、少ないことをウリにするご商売もあるので、アレですが(^_^;)。

記念すべき150万台目の仕様は、白のコンヴァーティブル。幌は黒で、内装は赤というオープンカーの定番。なかなか好ましい仕立てです。
ちなみに1台目、50万台目、100万台目も同じ仕立てだったそうです。もしも、この個体がこのまま「出荷」されるのであれば、生産スケジュール担当者はなかなか粋な仕事をしてますね。
でも、この個体のシャシーナンバーがバレたら、コレクターの間で奪い合いになりそうですね(笑)。

さて、上記のリンク先には工場のスタッフと覚しき方々との写真が掲載されていますが、皆さん明るい表情なのがいいですね。
GMの先行きは不透明ではありますが、10数年後にまた200万台目のCorvetteを笑顔で囲むスタッフの皆さんの写真を観たいものです。

|

« フライング!? | トップページ | 五代目見参 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26270/45312076

この記事へのトラックバック一覧です: 明るい話題:

« フライング!? | トップページ | 五代目見参 »