« 短い夏のはじまり | トップページ | 定額給付金の行方 »

2009/07/21

早過ぎる訃報

REPORT: John Surtees' son, Henry, dead after freak accident at Brands Hatch Formula 2 race (autoblog)

最近、かつてのGPチャンプの息子がGPの舞台で活躍する姿がみられるようになってきました。
2輪、4輪のGPを制した唯一のチャンピオンジョン・サーティースの息子、ヘンリーも、ややゆっくりとした歩みではありましたが、着実にキャリアを積み重ねているのを、昨年某雑誌で読んで知ったばかりでした。
(ついでにいうと「ビッグ・ジョン」にこんな若い「息子」がいるのも、そのときはじめて知りました)

今年から始まったFIA F2シリーズにステップアップしたということもあり、密かに期待していた矢先、驚くべきニュースが入ってきました。

それはリンク先で "freak accident" と表現されている通り、誰かの責任にするには、あまりに酷、かつ希な事故。

「ビッグ・ジョン」をはじめとする遺族、関係者の方々のことを思うと、やりきれません。

ご冥福をお祈り致します。

|

« 短い夏のはじまり | トップページ | 定額給付金の行方 »

コメント

主催者のジョナサン・パーマーも声明を出しています.
http://www.nifty-kaigai.com/2009/07/f2-3516.html

F2と聞いて「?」と思ったのですが,今年から始まった新しいシリーズでウイリアムスも関わっているようですね.JPの息子さんも参戦しているようです.

それにしてもリンク先の写真,笑っている顔がビック・ジョンとそっくりです.

ご冥福をお祈りします.

投稿: akira isida | 2009/07/21 21:03

>isidaさん
コメントありがとうございます。
今年から「F2」が始まったというのは知っていましたが、主催者がJPの会社だったというのは知りませんでした。
(しかも、主催者決定方法は入札だったんですね)

マシンはウィリアムズの息がかかっているようで、ホイール脱落についての安全要件も考慮済みだったようですね。この世に完全などということはあり得ませんが、それでも関係者の衝撃も大きいと思います。

>JPの息子さんも参戦しているようです.
ご紹介頂いたリンク先のコメントでも、それに触れていますね。

>笑っている顔がビック・ジョンとそっくりです.

ワタシは流石にビッグ・ジョンの現役時代は知りませんが、若い頃の写真と比べてみるとそっくりだと思います。
Henry Surtees: A talented driver, loving son and brother
http://www.johnsurtees.com/default.aspx?appid=6533

まさに愛すべき息子だったのでしょう。

改めてご冥福をお祈りします。

投稿: nan | 2009/07/23 02:19

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26270/45692330

この記事へのトラックバック一覧です: 早過ぎる訃報:

« 短い夏のはじまり | トップページ | 定額給付金の行方 »