« 函館市交通局711号「わたし出すわ」号 | トップページ | ルーテシア燃費(2008年8月〜2009年8月) »

2009/08/22

函館市交通局1006号

2009/08/15 函館市交通局1006号 十字街にて元都電7033号である1006号が、長年(でもないか)慣れ親しんだ「人権号」を719号(元「おさるの電車」)に引き渡して、お色直し。

どんな色になるか、いろいろ噂されていましたが、都電色に落ち着き、改めて運用開始しました。

個人的にはクリームと若草色のツートンの「旧標準色」を期待しましたが、その履歴から考えると妥当なところではないでしょうか。

正面の車番の大きさが今ひとつしっくりこないとか、かつての1007号車が纏っていた都電色よりも、やや白っぽい感じがする等、いろいろ気になる点はありますが、妥協の範囲かな、と。

さて、旧都電7000型である1000形も、残すはこの1006号1両のみ。
駒場車庫構内には廃車された1007号も残っていたと記憶していますが、おそらくはこの1006号を維持するための「共食い」用でしょう。

来年には「らっくる」こと9600形が1編成増備される予定と聞いています。
この1006号だけでなく、老朽化した車両の多い函館市電。おそらくは新車増備に併せて廃車、休車が発生することと思われます。

ファンの立場からは、観光資源の観点からもできれば1形式1両の動態保存が望ましいとは思いますが、保存目的のみではなく営業用しても運用せざるを得ないのが現状でしょう。
その中で、維持方法の苦しい車両を残してくれと口にするのは憚られるかも知れませんが、それでも市交通局の英断に期待したいところであります。

|

« 函館市交通局711号「わたし出すわ」号 | トップページ | ルーテシア燃費(2008年8月〜2009年8月) »

コメント

1006のカラーに関しては、これが正答のようです。黄色味が強くなったのは、どうやら1006が函館に嫁いできた少し後らしいので・・・。

一応、現在の交通局長さんの方針では1形式1両は残す都の方針も一応あるのですが、次期交通局長さんのお考えによっては1006がどうなるかは現時点では予測不能です。
まぁ、9602が導入されれば車両に余裕が出来るので、1006は530と同様の動態保存車的な扱いになる可能性はありますね。

1007・1008は部品取りで間違いありませんね。勿体ないですが、部品があらかた外された後は解体という末路を辿ることになると思います・・・。

投稿: X-103 | 2009/08/22 12:23

X-103さん、コメントありがとうございます。
>1006のカラーに関しては、これが正答のようです。
なるほど。ためになりました。
すると、この色を基にクレオスあたりから模型用塗料がリリースされるかな(されません(^_^;))。

>一応、現在の交通局長さんの方針では
実際には9600形に置き換えた方が運用コスト、サービス向上面でも有利かも知れませんが、旧型車両自体が上記エントリで記した通り観光資源、且つ産業遺産としての価値を持つものですので、その点も勘案して頂き現在の方針も可能な範囲で堅持していただければと思っています。
#と、いうだけでなく、愛好者の側からもお手伝いすべきこと、できることを考える時期なのかも知れませんね。

>9602が導入されれば車両に余裕が出来るので、1006は530と同様の動態保存車的な扱いになる可能性はありますね。
なるほど。ただ、個人的には動態保存的という割には530の稼働率が高そうなのが気になりますが(^_^;)。
動態保存というと、将来の増備時には、710、800形の中から「旧標準色」や「新標準色」に戻すものが出てくるといいですねえ。

>1007・1008は部品取りで間違いありませんね。
これは、車両メーカー、機器メーカーからの部品供給が期待出来ない状態ではやむを得ませんね。
「最後」はどこかに「ドンガラ」だけでも、残すことができればいいのですが。

投稿: nan | 2009/08/22 22:51

>愛好者の側からもお手伝いすべきこと、できることを考える時期なのかも知れませんね。
確かにその通りですね。
私も自ブログで「都電色復元を」と数年前から書いていたら何故か今年何の因果か実現しちゃいましたし、意見表明の場は路面電車まつり等の機会にもあるので・・・(^^ゞ

>530の稼働率
確かに、ここのところ結構出てますねぇ。まぁ、土日のいずれかに無料電車で走りますし、そのための慣らし運転でしょうね。まず間違いなく・・・(^^ゞ

>710、800形の「旧標準色」or「新標準色」化
鹿児島市電のケースもあるので、これは十分考えられますね。まぁ、車体広告の契約期間満了と新たな車体広告主が見つかるまでの繋ぎ的な意味合いではありますが・・・。

投稿: X-103 | 2009/08/23 08:00

X-103さん。コメントありがとうございます。
このblogを見て頂いてお判りかも知れませんが、長期不在等もありますのでアレですが、何かお手伝い出来そうなことがありましたら、お声がけください。

>まぁ、土日のいずれかに無料電車
あ、そんな話があったんですね。気がつきませんでした。

>そのための慣らし運転でしょうね。
車両というよりも、操縦者側の慣らし(慣熟)の意味の方が大きかったりして(^_^;)。
昔はあのでっかいマスコンを抱えるようにして椅子に腰掛けずに運転していた運転士さんがいたように記憶しています。
子供心に格好いいなあと感心したものです。

投稿: nan | 2009/08/23 20:47

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26270/45993838

この記事へのトラックバック一覧です: 函館市交通局1006号:

« 函館市交通局711号「わたし出すわ」号 | トップページ | ルーテシア燃費(2008年8月〜2009年8月) »