« 函館市交通局1006号 | トップページ | FD3S燃費・修理記録 (2009年4月〜8月) »

2009/08/23

ルーテシア燃費(2008年8月〜2009年8月)

2009/07/04 BK4J 70,000km毎度のことではございますが、何と前回のご報告から1年が経過してしまいました(^_^;)。
無精も大概にせいと、お叱りを受けてしまいそうであります。

と、いうことで、前回以降のルーテシアの燃費報告を。

給油日

走行距離(km)

給油量(l)

燃費(km/l)

備考

2009/2/14

394.7

41.20

9.58

2009/3/18

465.8

39.40

11.82

2009/4/12

368.2

34.50

10.67

2009/4/25

645.0

40.50

15.93

市街地走行、
函館~札幌間移動
(中山峠経由)

2009/5/31

616.7

40.00

15.42

札幌~函館間移動
(中山峠経由)、市街地走行

2009/7/4

395.0

26.41

14.96

市街地走行、
函館~札幌間移動
(中山峠経由)

2009/7/20

536.7

40.00

13.42

札幌~函館間移動
(中山峠経由)、市街地走行

2009/8/21

412.6

39.00

10.58

2009年平均

3,834.70

301.01

12.74

総平均(2005/5〜)

30,259.50

2,570.04

11.77

2008/8/16

966.0

38.00

25.42

参考

2008/8/31

291.4

26.00

11.21

2008/9/9

635.1

39.00

16.28

函館〜千歳間往復
(道央道経由)、市街地走行

2008/10/10

421.4

39.40

10.70

2008/11/11

437.6

41.00

10.67

2008/11/30

354.3

34.20

10.36

2008/12/19

410.4

39.70

10.34

2008年平均

7,362.20

575.90

12.78

2009/07/04 BK4J 道の駅 とようらこれまでと特に代わり映えしないデータが並んでいます。
2008年8月の記録については、不完全な記録のため参考記録としています。
市街地走行で約10〜11km/l前後、長距離走行を交えると約15km/l弱というのがパターン化しています。
それでも冬期間、10km/l未満の記録が無いのは、昨年来励行(!?)しているアイドリングストップの効果が現れているのかも知れません。

ちなみに今年の1月に1度も記録が無いのは、年末に接触事故(貰い事故)があり、年明け早々、工場入りしていた影響です。
事故の詳細は割愛しますが、後方不注意でUターンしてきた2tトラックがフロント右側に接触、破損しました。
見た目よりも影響範囲が広く、エンジンフード、フロントグリル、ヘッドランプユニット、フロントバンパー、フロントフェンダーパネル等を交換する、やや大がかりな修理になってしまいました。

この間、変わったことといえば、スタッドレスタイヤを新調したことでしょうか。
ホイールが1輪やや歪みが出ていたようで、その影響でタイヤにも痛みが発見されたので、4輪とも入れ換えました。
夏タイヤは特に痛みは無いようですが、傷んだホイールの入れ換えも検討する必要があるかも知れません。

あとは、上の画像に示す通り、この7月に総走行距離が70,000kmを超えました。
70,000km達成の場所は、札幌から函館への帰路の途中、ちょうど豊浦の道の駅のところ。
以外とキリ番のときは車を思うように止められないことが多いのですが、今回は運良く道の駅でキリ番達成となりましたので、記念撮影しておきました。

70,000kmとはいいますが、ウチに来てからの走行距離は約30,000km。
4年間でこの距離を走ったことになります。
途中、長期不在があったり、もう1台あったりもするので、まずます平均的な走行距離といえると思っています。

|

« 函館市交通局1006号 | トップページ | FD3S燃費・修理記録 (2009年4月〜8月) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26270/46002246

この記事へのトラックバック一覧です: ルーテシア燃費(2008年8月〜2009年8月):

« 函館市交通局1006号 | トップページ | FD3S燃費・修理記録 (2009年4月〜8月) »