« Show stopper is here. | トップページ | 平塚なう。 »

2009/11/03

あと2年

2009/11/01 トヨタFT-86コンセプト(1)おあずけですか。こんなに出来がイイのに。それはあんまりです。

東京モーターショーのレポート第2弾は、トヨタFT-86コンセプト。

トヨタ/レクサスの出展車の中では、LFAと並んで注目度の高かった1台だといえるでしょう。

トヨタと富士重工による共同開発が表明されて以来、いろいろな情報が飛び交っていたフロントエンジン後輪駆動の「スポーツカー」が、ここに形となって現れました。

2009/11/01 トヨタFT-86コンセプト(2)既に別エントリで好意的なコメントを書いていますが、LFAが嬉しい誤算だったのに対し、FT-86は事前の期待を裏切らない出来でした。

「ハチロク」云々は、もうここでは書きたくありません。そもそも、個人的に「ハチロク神話」なるものには、元々辟易気味なので。

サイズはイマドキの2L級の2+2と考えると妥当なサイズ。気になっていた幅もそれほど広く感じません。
4座のクーペということもあって、ロングノーズではなく、どちらかというとキャブフォワード的な雰囲気もあるプロポーション。
おそらくは欧州スタジオの作と思われますが、綺麗なシルエットに、ハイライトの要所にはエッジを効かせるという、LFAやIS、そして現行プリウス等にも通ずる、今のトヨタ車のスタイリングの美点を備えています。ご一緒したisidaさんがLFAについて「イタリア風でもドイツ風でもない良いデザイン」と評しておられましたが、このクルマもその言葉が当てはまると思います。
こうして見ると、思ったよりもAピラーは寝ていない感じがするのも面白いですね。

「スポーツカー」を名乗ってはいますが、車輪と座席、特に前席の位置関係を見ると、それほど追い詰めた設定ではなく、古典的なセダンベースのスペシャリティクーペのそれを彷彿とさせる佇まいを感じます。
尤もそう感じられる辺りが、その「出自」を示しているのかも知れません。

2009/11/01 トヨタFT-86コンセプト(3)とにかく外見は良くできています。ボディパネルはこのまま生産しますといわれてもおかしくないくらいの完成度を持っています。
発売直前のクルマのプロトタイプがショーでお目見えする場合、フロントグリルとか、リアバンパーの下回りのパネル、そして灯火類等をわざと加飾して、そこだけ浮く例がありますが、このクルマはそんなところもよく仕上げられています。

2009/11/01 トヨタFT-86コンセプト(4)そんな外観に対して、内装は典型的なショーピースのそれ。
あまりに現実的な外観を見た慌て者ががディーラーに駆け込まないように、落ち着かせるためにわざとここだけ手を抜いてきた、そんな感じさえします。
ちなみにシートは部品メーカーブースに展示されていたもの。量産!? なにそれおいしいの? といわんばかりの割り切りっぷりです(笑)。
でも、これはこれでなかなか魅力的ですね(^_^;)。

それほど完成度が高く見えながらも、市場投入は2011年末とか。何故そんなに時間がかかるのでしょう!?
トヨタと富士重工が初めて取り組む本格的な共同開発だから!? 水平対向エンジンの幅広さに我慢ならなくなったトヨタの中の人達が、急ピッチで直4バージョンのフロントサスペンションを再設計の真っ最中だから!? (もし、そんなことがあれば、それはそれで歓迎です(笑))

おそらくその理由はベースとなるインプレッサ、レガシィのモデルチェンジの時期にあるのではないでしょうか。
2年後といえば、前者はフルモデルチェンジ、後者はマイナーチェンジの時期を迎えていてもおかしくありあせん。そのときには、このクルマでも採用されるであろうエンジンと駆動系、そして諸々の要素は完全一新とはいかないまでも、今より洗練されたものができあがると思われます。

スポーティ・スペシャリティカー市場が冷え込んでいる時期だからこそ、中途半端ではない出来のいいものを、しかも安く世に出さなくては、前評判通りの成功は覚束ないでしょう。そのためにトヨタと富士重工の両社が奮闘している、そう信じて2年待つことに致しましょう。

|

« Show stopper is here. | トップページ | 平塚なう。 »

コメント

大体アタリなセンだと思いますよ。
現行インプは再来年(まで?)にはFMCでシャーシが変わり、フロントオーバーハングが短いものになります。
その後にコレが出るのかも。

投稿: かず | 2009/11/03 11:31

>かずさん
まあ常識的なセンでしょうね。
ただ「一部」の盛り上がりを2年先まで引っ張れるか、そこが勝負の分かれ目でしょう。
個人的な予想では、国内専用とは思えませんので、来年のジュネーヴかフランクフルトにもう一度顔見せ、再来年のデトロイトか上海でプレビューして、東京ショーでワールドプレミアという引っ張り方になるような気がしています。
その際に、トヨタ、スバルブランドのショーピースを取り混ぜるのではないでしょうか。

投稿: nan | 2009/11/08 03:02

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26270/46658487

この記事へのトラックバック一覧です: あと2年:

« Show stopper is here. | トップページ | 平塚なう。 »