« 頭文字"E" | トップページ | はて、日本名は »

2009/11/10

知命

2009/11/01 CB1100東京モーターショーが終了して、もうすぐ1週間が経とうとしていますが、暫くこのネタを引っ張りたいと思います(笑)。

東京ショーネタをエントリするにあたって、会場で配布されていたパンフレットも参考にしています。パンフレットを眺めていると、会場では気付かなかったことに改めて気付かされて驚くことも。

例えば「CBって、50周年だったんだ!!」とか。

おそらくは、その意味も形に籠められているとおもわれるのが、市販予定車として出展されたCB1100。

同じホンダのブース内に並んでいた中でも、実に地味。しかし、オートバイって、こんなもんでいいんだよね、と思わせるような佇まいを持っています。
パンフレットにも「ふつうを極められないだろうか」というコピーがありますが、その目標は達成出来ているのではでしょうか。
個人的には「集合管」のまとめ方あたりから、CB400FOURを思い出してしまいました。一瞬「コムスター!?」と思わせるようなホイールの意匠もなかなか渋いです。
そんな気分になるあたりは、作り手側の思うつぼにはめられているということでしょうか(^_^;)。

2009/11/01 CB1100 カスタマイズ・コンセプト(1)さて、同じブース内には、これをカフェレーサー仕立てにした「カスタマイズ・コンセプト」が。

2009/11/01 CB1100カスタマイズ・コンセプト(2)いい意味でステレオタイプなカフェレーサー仕立て。
特につや消し黒の2本出しの太いメガフォンマフラーなんて、メーカー仕立てとは思えない「悪さ」があってよいです。
とても21世紀のバイクとは思えないアナクロさ(笑)。

なんて話をisidaさんとしていたら、「でも、あの中にはちゃんと触媒入ってるし、フュエールインジェクションだし」といわれてしまいました。

流石はメーカー製。21世紀のバイクの要件も満たしているようです(^_^;)。

|

« 頭文字"E" | トップページ | はて、日本名は »

コメント

最初のCBは何だったか記憶があいまいでしたが,
http://www.honda.co.jp/pressroom/library/motor/sports/cb_cbx/index3.html
CB92だったんですね.

噂ではホーク系のリバイバルもありとか.

投稿: akira isida | 2009/11/10 05:36

会場でCBX、FOUR、ボルドールなどを担当したデザイナーと話をしていました。
「ホンダもヤマハも悩んでいるなぁ」と意味深な発言がありました。
CB1100は、私のベスト オブ ショーです。

ボウの乗った同型のコタ4RTがあったでしょう。
トライアルバイクもバッテリーレスのインジェクションです。凄い時代です。

投稿: イノウエ | 2009/11/10 22:29

イノウエさん

バッテリーレスのインジェクションて...

始動時にはどうしているのでしょう,キャパシタ積んでいるとか.

投稿: akira isida | 2009/11/10 22:46

isidaさん

キックを踏むのと同時に、大容量ACGがPGM-FIと点火系統だけに電源を供給します。エンジンが始動するとラジエターファンなど他の電気を必要とするところに電力が供給されます。
大容量ACGシステムがポイントとなっています。

投稿: イノウエ | 2009/11/10 23:21

>isidaさん
>最初のCB
CB1100のウインカーを見て、CB72のウインカーを思い出しました。
昔はカスタムの定番品でしたねえ。
それにしても、ClubmanがCMではなくCBになるセンスも、なかなか凄いと思います。

>イノウエさん
ありましたね>コタ。
あれもFIですか。しかもバッテリーレスって。
大容量ACGですか。MFiあたりで特集してくれませんかね(^_^;)。

投稿: nan | 2009/11/11 00:55

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26270/46724026

この記事へのトラックバック一覧です: 知命:

« 頭文字"E" | トップページ | はて、日本名は »