« (おそらく)世界最速の警邏車両 | トップページ | マセラティ・ギブリ・スパイダー »

2009/12/05

綾瀬にて

2009/12/05 東京メトロ綾瀬車両基地見学会(1)景気がなかなか上向かないので、せめて車両だけでも持ち揚げてみました(違います)。

2009/12/05 東京メトロ綾瀬車両基地見学会(会場入り口)「東京メトロスマイルフェスタ’09 in AYASE」と銘打った東京メトロ綾瀬車両基地見学会を覗いてきました。

2009/12/05 東京メトロ綾瀬車両基地 6000系流石は千代田線の車両基地。6000系が売るほど置いてありました(笑)。

2009/12/05 東京メトロ6000系 作業用防護柵2009/12/05 東京メトロ6000系 中間車妻面2009/12/05 東京メトロ6000系 FS515台車こういった車両基地の公開は、普段は観ることができない作業用の道具とか、車両が連結されているときには隠れている部分を見ることができるのが楽しみの1つですね。
2009/12/05 東京メトロ 車体屋根上作業用安全柵

2009/12/05 東京メトロ 車体屋根上作業用安全柵 銘板ところで、最初の画像で6000系の屋根の上に乗っているのがコレ。

「車体屋根上作業用安全柵」というそうです。

鉄道車両というのは、駅の構内や線路沿いから見慣れているはずですが、こういった車両基地で改めて近付いてみてみると、その巨大さ重厚さに驚かされることが多々あります。

車両基地というのは、いわば日常のものが非日常のものに変わる空間だということができるかも知れません。

こういった車両基地の公開イベントは、どこも家族連れで賑わっています。
単純にいえば、子供は電車が好き、ということで片付けられるかもしれません。

しかし、一度そこを訪れた人達は、日常のものが非日常に変わるということを無意識のうちに感じて、それを楽しみに繰り返し見に来ている、それが盛況に繋がり、ひいてはファン層の維持と拡大に繋がっている、そんな気がします。

|

« (おそらく)世界最速の警邏車両 | トップページ | マセラティ・ギブリ・スパイダー »

コメント

現代の車両は軽そうですねぇ、下には足場(台車)も無い様で..
まるで何処かの国の様。
(今回はちゃんと大きくして見ました(^^)

投稿: gop | 2009/12/06 05:18

到着時、台車と切り離すデモが始めるところでした。
判り難いですが、左側に切り離された台車が覗けます。

>現代の車両は軽そうですねぇ
これは6000系なので、基本設計は1960年代の車両です(笑)。
でも、日本に於けるアルミ車体採用の先駆けでもあります。
それ以上に技術革新を見込んで中身を入れ換えられるようにして、40年使うというコンセプトを実践した点でも日本の鉄道史に残る名車だと思います。

投稿: nan | 2009/12/07 00:30

あ、営団(笑)の6000系でしたか。アルミ車体はもちろん、非対称の前面貫通(階段)扉等、出た当初は随分新鮮に思えたものです。最近列車も車同様アニメ的な物が多く興ざめですねぇ。

投稿: gop | 2009/12/07 08:31

>>列車も車同様アニメ的な物が多く興ざめ
私はこれなんかダメです.
http://www.seibu-group.co.jp/railways/unyu/zukan/30000/index.html

しかし「Gマーク落選のお知らせ」まで載せているとは・・・.

投稿: akira isida | 2009/12/07 10:38

Gマーク選定委員、それなりにマトモって事でしょうか(^^

投稿: gop | 2009/12/08 06:30

ワタシもダメですねえ>西武30000系。
しかし「落選のお知らせ」って凄いですね(^_^;)。
個人的には「西武=黄色」なので、20000系も未だに馴染ておりません。
まあ毎日見ていないせいもあるのでしょうが。
毎日見ているというと、最近はコレがお気に入りです。
http://www.jreast.co.jp/train/local/e531.html
登場当初から悪くないとは思っていましたが、見慣れてきたら、永く飽きがこない意匠のような気がしてきました。

投稿: nan | 2009/12/13 23:40

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26270/46940760

この記事へのトラックバック一覧です: 綾瀬にて:

« (おそらく)世界最速の警邏車両 | トップページ | マセラティ・ギブリ・スパイダー »