« 御新造さん登場 | トップページ | 営業中 »

2009/12/19

ストーブリーグの主役

2010 Acura NSX to Live as Super GT Racer - Road Car Plans Still Dead (WORLDCARFANS.com)

スーパーGT選手権のGT500クラスというのは、ベース車両とは別物なわけですが、これはやや禁じ手かなあ。

原型車種が市販されていないということは、「特認車両」になるのでしょうか。

個人的にスーパーGTのNSXの後継車は、アコードだと勝手に想像していました(います)。

ホンダの現在のラインアップには後輪駆動の車両は存在しませんが、GT300クラスのレクサスIS350のように、キャビンを流用して、予定通りFポンと共通のHR09Eをミドかフロントに積んで後輪を駆動するマシンを造るのが現実的な解ではないかと勝手に想像していました。

実際にホンダの「NSX」後継車が「何」になるのかは判りませんが、上記リンク先の通りになるとすると、案外、NSX発売断念に合わせて一度オクラ入りにしたマシンを引っ張り出すということカモ知れませんね。

さて、そうなると気になるのが、日産の身の振り方。

本来2009年のGT500クラスのマシンは、Fポンと供用の3.4L V8エンジンをフロントに搭載した、リアドライブの「シルエット・フォーミュラ」とすることをメーカー3社(とGTA)が合意したと記憶しています。

しかし諸般の事情により、日産はエンジンが、ホンダはエンジンとシャシーの両方が間に合わず、「新規定」に準拠したマシンを用意出来たのはトヨタ(レクサス)だけという、やや残念なかたちでチャンピオンを争うことになりました。

来る2010年シーズン、ホンダの後継車がどんな姿を身に纏うことになろうと、エンジンはFポンと共通、シャシーも新規定に準拠したものになるのは間違いないでしょう。

そうなると新規定に準拠していないのは、VK45DEを搭載するGT-Rのみとなります。
ここで日産も新型エンジンを搭載したGT-Rを投入するのか、それともVK45DEをそのまま使用して性能調整を受け入れるのか、注目したいと思います。

|

« 御新造さん登場 | トップページ | 営業中 »

コメント

昨日はお付き合い頂き有り難うございました。
大変楽しゅうございました。
新年会の頃は未だこちらでしょうか?出来なかった自己紹介を改めて(^^

投稿: gop | 2009/12/20 17:05

>gopさん
こちらこそ、楽しい時間を過ごすことが出来、感謝しております。
新年会については、また改めてお知らせください。

投稿: nan | 2009/12/20 23:16

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26270/47056592

この記事へのトラックバック一覧です: ストーブリーグの主役:

« 御新造さん登場 | トップページ | 営業中 »