« ルノーとニッサン | トップページ | あしたはどっちだ »

2010/01/27

カフェレーサー

2010/01/24 CB750cafe ベルナール・ジョイステン(1)これも「NO MAN'S LAND 創造と破壊@フランス大使館」での展示。

なぜ、ここにカフェレーサーが!?
しかも、これは'70年代に耐久レースで活躍したRCBのレプリカではありませんか。

2010/01/24 CB750 cafe ベルナール・ジョイステン(2)2010/01/24 CB750 cafe ベルナール・ジョイステン(3)よく見たら、カウルにホワイトハウスさんのマークが。

CB750 cafeというコンプリートマシンを制作されているのですね。
寡聞にして知りませんでした。
ちなみにこれはアーティスト「ベルナール・ジョイステン」氏とのコラボレーションの由。

会場ではホワイトハウスのマークに気付かず、よく判ってる手練れの仕事だと思ったワタシ。道理で出来がいいわけです。

RCBといえば、フランスのル・マンで開催されていたボルドール24時間でも活躍しました。
そして、当時耐久選手権を戦ったのはフランス・ホンダ・チーム。
その中心だったジャン・クロード・シュマランもRCBでチャンピオンになっています。

そう考えると、フランス大使館でのアートイベントにRCBレプリカのアートバイクが展示されるのは自然なことなのかもしれません。

2010/01/24 ベルナール・ジョイステン スーツとヘルメットそしてマシンの側には、こんなスーツとヘルメットが。

やはり「おそろ」でないといけませんね。

|

« ルノーとニッサン | トップページ | あしたはどっちだ »

コメント

このイベント面白そうですねぇ、良い東京土産になったのでは(^^
私も週末行ってみます。

投稿: gop | 2010/01/27 06:35

あまり上手くいったコラボレーションとは思えないです.耐久レーサーのライトのイメージを反復させただけに感じます.

実はこのコラボもイマイチだと思ってたりする(笑).
http://ext.ricoh.co.jp/release/by_field/digital_camera/2009/1221.html

投稿: akira isida | 2010/01/27 20:04

創造と破壊、と言うテーマにはピッタリと思うのですが(^^

投稿: gop | 2010/01/28 06:14

創造と破壊,実態はこんなもののようです.
http://chako20.exblog.jp/9309328/

投稿: akira isida | 2010/01/28 21:37

自国じゃ無ければこんなもんなのでしょうね。
お隣じゃ気にもなるでしょうが(広尾に住める事自体羨ましい)
この方、相当なやり手の様で。
http://genchi.blog52.fc2.com/blog-entry-174.html
まずは現場見て来ます(^^

投稿: gop | 2010/01/29 08:59

今GoogleMapで航空写真を表示させるると,工事前のものが分かります.

すごっ 広尾で庭の木が凄い・・たしかに庭と言うよりも小さな森と言ったほうが良いかもね.

nanさん
 軒先でつまんないコメントで多謝

投稿: akira isida | 2010/01/29 20:52

>isidaさん、gopさん
興味深いコメントありがとうございます。
函館でもこんな話があります。
http://yayoizaka.exblog.jp/

フランス大使館の場合とは少々事情が異なりますが、それでもちょっと考えさせられるところではあります。

投稿: nan | 2010/01/30 10:07

築地の明石小学校も今年取り壊されることが決定しています.
http://fkaidofudo.exblog.jp/10854674
このサイト,函館の建築紹介がメインのようですね.

一度見に行かなくては,4月の旧三菱一号館の公開と合わせて行こうかな.

投稿: akira isida | 2010/01/30 11:48

>isidaさん
弥生小学校は今では箱が大き過ぎるのですが、それでも地域の景観の一部となっていましたので、解体は残念です。
改築後は現在の外観に準じたものになるようですが、レプリカを作るのが歴史的建造物を大事にといっている自治体の仕事なのかなあ、と。
昨年、ヴォーリズ展を見たときにも感じましたが、公共の旧い建物は残らないという流れをどこかです変えるべきだと思っています。
そのために何ができるか、というのは難しいんじゃですが。

投稿: nan | 2010/01/30 13:18

行って来ました、全く並ばずに済みました(^^
解体前展覧会を行うという行為自体は素晴らしいと思います。
他の大使館でこんな事はまず有り得ない(某国なんて滅相も無い..)
展示内容自体も大変面白く、会期延長も納得(2/18までだそう)

在日大使館の殆どは地方藩主の大名屋敷跡地に立っているそうで。
それが今や治外法権の無法地帯、正に日本外交の縮図を見る思い。
春は桜が奇麗だったそうです、フランス大使館。

投稿: gop | 2010/01/31 07:16

nanさん
 丸の内の再開発は,東京駅や旧三菱一号館の使わなかった容積率を周辺の高層オフィスビルに割り当てているそうです.都心ならではの解決方法ですね.

gopさん
>>在日大使館の殆どは地方藩主の大名屋敷跡地
 銀座のブランドショップは,ほとんど銀行が統合されて廃止になった支店の跡地らしいし(笑).まさに日本のバブル経済後の縮図を見る思い.

投稿: akira isida | 2010/02/02 23:22

>gopさん
好評につき(?)会期延長だそうで。

>解体前展覧会を行うという行為自体は素晴らしいと思います。
ですね。どこから出たアイディアかは知りませんが、実現してしまうのは凄いです。

>在日大使館の殆どは地方藩主の大名屋敷跡地に立っているそうで。
在日大使館が出来るタイミングというのは、大名屋敷の主たちの退潮期というか、地方藩主が江戸に別邸を構える必要が無くなった(出来なくなった)時期でもありますね。

>isidaさん
>銀座のブランドショップ
でもその跡地がブランドショップってのも凄いですね。
ブランドショップといえば、水戸にLVのショップがあって驚きました。
同じビルにはLoftも入ってましたが(^_^;)。

再開発といえば国鉄の操車場跡。
全国各地でそこに何があったのかすら判らない状態になってしまいましたね。
五稜郭は病院とショッピングモールになってしまいました。

投稿: nan | 2010/02/03 00:24

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26270/47400304

この記事へのトラックバック一覧です: カフェレーサー:

« ルノーとニッサン | トップページ | あしたはどっちだ »