« みどりのつばさ | トップページ | PLH-05「ざおう」 »

2011/05/07

Launching of a ship

2011/05/06 函館どつく 第841号船 進水式 (開始前)一度見たいと思いつつ、都合が合わず見ることが叶わなかったイベント。
それは船舶、艦船の「進水式」。

函館市内にある造船会社「函館どつく」さんでは、新造船の進水式を関係者以外にも公開しています
昨日(5/6)に、同社第841号船の命名式、および進水式が一般公開がありましたので、お邪魔してきました。

以下、その簡単なご報告です(ちょいと長く、画像多めです)。

第841号船は同社の主力商品にしてベストセラーである ”Super Handy 32" 型32,000t木材兼ばら積貨物船。
リンク先にあるように、現在年間8隻体制での建造が進んでいるそうです。
全長157mもある船ですが、貨物船の世界では「ハンディーサイズ」なんですね(^_^;)。

2011/05/06 函館どつく 第841号船 進水式 船首部分 進水式を待つ船は、上の画像のように船首に紅白の幕とくす玉が飾られています。
勿論、命名前なので船首の船名の部分にも紅白の幕が掛かっています(船名が見えるなんて野暮はご無用に願います(笑))。

左の画像は船首部分のクローズアップ。
判り難くて申し訳ありませんが、左側から船首部に伸びているロープ(「支綱」と呼ぶようですね)の途中に緑色の「瓶」があります。これが進水式のときに割られるお酒だと思われます(お酒はシャンパンと思われていますが、日本では日本酒も使われるそうです。今回はどちらかは未確認です)
ちなみにその下の白い板状の装飾(!?)には、函館どつくの社章が記されています。

2011/05/06 函館どつく 第841号船 命名式関係者の記念撮影、国歌演奏、国旗掲揚の後、命名式が行われ、第841号船は "CACTUS K" と命名されました。
命名の際、船名の部分の幕が下ろされ、船名が披露されます。

2011/05/06 函館どつく 第841号船 進水式 支綱切断2011/05/06 函館どつく 第841号船 進水式 くす玉割り命名式の後はいよいよ進水式。

支綱が船の正面にあるステージ上で、スポンサーの手によって切断されると、まずお酒の瓶が船体に叩きつけられます。
(左の画像で飛沫が散っているのがわかるでしょうか?)

そして支綱の先にあるくす玉が割られ、中からテープと風船が飛び出します。

2011/05/06 函館どつく 第841号船 進水拘束を解かれた船体は、ゆっくりと船台を後へ滑りながら、海の上へ「進水」していきます。

このとき、船首からテープが乱舞するのは、お馴染みの光景だと思います。
これまでは、くす玉の中から出てきたものだけだと思っていましたが、甲板上からもテープが投げられるのですね。

2011/05/06 函館どつく 第841号船 進水式 テープそのテープの一部は、船台を滑る途中で切り離され、宙を舞っていました。

ちょっと面白く感じたので、カメラで追いかけてみた結果が、左の画像です。

ちなみにこのときのBGMは「軍艦マーチ」でした。商船なのにね(^_^;)

2011/05/06 函館どつく 第841号船 進水後船台を滑り降りて進水した船は、予め待ち受けていた3隻のタグボートに所定の位置へと導かれます。
(画像は進水式後、西埠頭側から見た様子です)

さて、初めて見た進水式は、案外あっさりとしているなというのが正直な感想です。

とはいえ、全長157mに及ぶ大きな船が船台を滑り降りるのは壮観ですし、周りの雰囲気も晴れやかで気持ちのよく、足を運んでよかったと感じました。

今回は支綱切断の様子を見たかったため、船首側に陣取りましたが、次回機会があるならば、是非船尾側で「進水」する様子を見てみたいと思います。

|

« みどりのつばさ | トップページ | PLH-05「ざおう」 »

コメント

函館ドックは橋梁も作っているんですね.

東京ゲートブリッジの一部も函館ドック製とか.
http://512colors.blog120.fc2.com/blog-entry-2043.html

投稿: akira isida | 2011/05/07 07:34

 社名が「函館どつく」なんですね。関西人が聞いたら、「函館で殴る」って意味に聞こえます。まあ、坪内の因業ジジイによって「ドック」から「どつく」に変えられたんでしょうが、一寸は可哀そうです。

投稿: 大村 修一 | 2011/05/08 11:42

遅レス申し訳ございませんm(__)m

>isidaさん
造船会社と橋梁は結構深い関係があるようですね。
ブロック工法等は共通点も多いようですし。

>大村さん
まあ、致し方なしかと。
それで生き残れたという部分もあるわけですし。
「つ」はあれですかね、キヤノンの「ヤ」のようなものでしょうか。

投稿: nan | 2011/05/15 01:15

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26270/51600180

この記事へのトラックバック一覧です: Launching of a ship:

« みどりのつばさ | トップページ | PLH-05「ざおう」 »