2012/08/27

S20ホイール交換

リアル方面、FaceBook方面で擦れ違っている方はご存じだったかと思いますが、今シーズン前半よりSpeedster S20のホイール(とタイヤ)巷間を画策しておりました。
昨日(8/26)、ブツが届き、交換、調整と相成りました。

Speedster S20ホイール交換

選んだのはシマノのULTEGRAグレードのクリンチャー、チューブレス兼用リムを持つWH-6700-Gと、HUTCHINSON Fusion 3 Tubelessの組み合わせ。

詳しい感想は別途追記する予定ですが、第一印象はいい感じです。

| | コメント (0) | トラックバック (3)

2011/08/13

きょうのポタリング (8/13)

2011/08/13 西大沼キャンプ場いろいろイベントはあるのですが、blogにエントリする時間を作れずにおります。
その内、まとめてエントリできればいいなと思ってはおりますが、さて。

世間様並み(!?)に夏休みに突入致しました。
といっても、特に変わったことをするわけではないのはいつも通り。

ここのところ、自転車に乗れずにいましたが、今日は久しぶりに大沼まで。
本当は朝の涼しい時間帯に乗るつもりが、寝坊してやや遅めの出発。
しかも、自宅から5km位のところで後輪がパンク。
止む無くパンク修理のため、一旦自宅に戻り出直したため一番暑い時間帯に乗ってしましました(^_^;)。

走行距離81.15km、平均速度19.8km/h、走行時間4:05。

続きを読む "きょうのポタリング (8/13)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/09/21

黒く塗りつぶせ

2010/09/21 k-x 施術前さて、こちらで導入のご報告をしたk-xですが、3連休の釧路遠征でも活躍してくれました。
但し、使いこなせているかどうかは、別の話ですが(笑)。

買ってからちょっと気になっていたところがありましたので、ちょっとだけ手直ししてみました。

左は手直し前の状態。

続きを読む "黒く塗りつぶせ"

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2010/09/07

ALジャパンカップ2010 東北フリーブレイズ対日本製紙クレインズ

2010/09/05 ALジャパンカップ2010 TFB-NPC@白鳥アリーナ 試合開始のフェイスオフ9/18に開幕を迎えるアジアリーグですが、それを前にして、各地で好例のプレシーズンマッチが始まっています。

9/3~5にかけて苫小牧の白鳥アリーナで開催された「ALジャパンカップ2010」もその一つ。
日本製紙クレインズ、王子イーグルス、東北フリーブレイズの2チームに、連盟が選抜したU24「ヤングジャパン」を加えた総当たりリーグ戦です。

これまで代表との練習試合はありましたが、このようなカップ戦というのは初めての試みで楽しみにしておりました。

ワタシは事情により最終日(3日目)の2試合のみを観戦。

以下、各試合についてご報告します。
#2010/09/07 とりあえず、メンバー紹介とゲームシート風味のテキストをエントリ。
#詳しい感想は後ほど追記します。週末の毎日杯までには終われるといいなあ(^_^;)。

3日目 第1試合 東北フリーブレイズ 対 日本製紙クレインズ
14:00 試合開始 (苫小牧白鳥アリーナ)

5-7 (0-1/3-3/2-3)

詳細な試合経過は以下の通り。

続きを読む "ALジャパンカップ2010 東北フリーブレイズ対日本製紙クレインズ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/09/05

きょうのポタリング(9/4)

2010/09/05 いさり火通り宇賀浦町付近から函館山を望む本日、午前中は爆睡。

午後イチでルーテシア号のタイヤ交換をディーラーさんに依頼。
実は先月の車検(これは別途ご報告予定)の際に、まとめて交換するはずがタイヤの在庫が無く、今秋に後送り。
その他にも少々懸案があり、その調査にやや時間がかかり、結局作業が完了したのは17:00頃。

この間、代車を拝借して幾つか買い物後、ディーラーでクルマを受け取って帰宅。

夕方になると流石に涼しくなってきたので自転車を持ち出して、ポタリング。

走行距離19.09km。平均速度19.3km/h。走行時間約59分。
ちょっと風が強い気がしましたが、体力を奪われるほどではなく、そこそこ快適な夕刻ライドでした。

画像はいさり火通りから見た薄暮の函館山。
夕焼けに照らされたシルエットが綺麗です。バックの雲もそろそろ秋っぽくなってきました。

続きを読む "きょうのポタリング(9/4)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/08/27

間違い探し

本当はとっくにアップしておかなければならなかったんですが、サボってこんな時期になってしまいました(^_^;)。

先月末、護衛艦「ひゅうが」(DDH-181)が函館港埠頭で入港。公開されました。

2010/07/31 SH-60J 前面2010/07/31 SH-60J 右側面ここにアップした画像はいずれも同艦の甲板上で公開されたSH-60J型ヘリコプターです。

2010/07/31 SH-60J テイルブーム2010/07/31 SH-60J 操縦席ドア後部画像はトリミングはしたものもありますが、レタッチは一切無し。しかし、この機体には少々「変わった」点があります。

お判りになった方はコメントでお答えください。

ヒントは機番と、海上自衛隊の航空機の運用方法です。

でも、これが判る人って・・・ワタシもその場にいた広報の方に「よく気付きましたね」と言われたという・・・(^_^;)。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2010/08/23

レイダック ブレーキ交換 その後

2010/08/22 シマノSORA フロントこちらのエントリで「確認中」としていた、フロントのブレーキキャリパー。

結論から言うと、目星を付けた部品は互換性が有り、無事装着完了しました。


(2010/08/24 追記)
ご参考までに使用した部品について追記しておきます。

使用したのはシマノのBR-R600というブレーキキャリパーのパーツ。展開図はこちら(リンク先はPDF)。

上記展開図内の以下のパーツを使用することでブラインドナットを使用出来ないフォークへの取り付けが可能になるようです。

No.19 Y-82B 98030 Pivot Bolt Unit 70.9mm (2-25/32") for Front (Standerd Nut Type)
No.20 Y-82B 98080 Pivot Bolt Unit 53.9mm (2ー1/8") for Rear (Standerd Nut Type)


交換後の感想はワタシのようなゆるポタライダーには必要にして充分。
頼りがいのあるブレーキとなりました。

自転車屋さんでも指摘されましたが、ブレーキキャリパーの剛性が向上したことで、ブレーキレバーの貧弱さが目立つようになってしまいました。
これは次回以降の検討課題として置いておきます。

さて、これ以外にも少々部品を入れ換えましたので、以下でご紹介。

続きを読む "レイダック ブレーキ交換 その後"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010/08/16

レイダック ブレーキ交換

ここ2ヶ月ほど、天気のよい週末には自転車でポタリングするようにしています。

しかし、ウチの自転車(BSレイダックRF6-57)は、数年前に復活のための整備をして貰って以来、乗りっぱなし。

その結果、最近変速機のメカトラが感じられるようになったので、自転車屋さんに診て頂いたところ、ワイヤーはが劣化していてNGということが判明。
その場でワイヤー交換をお願いしました。

変速機の問題はそれで解決しましたが、最近ブレーキをかけた後のレバーの戻りが遅いという現象を感じていたので、そちらの方も相談してみました。

当初、レバーのリターンスプリングに問題があるのではないかと疑ったものの問題無し。むしろケーブルの問題、そして敢えていうならキャリパーの問題の可能性ありという診断を受けました。

2010/08/16 ダイヤコンペ Fブレーキ 変更前2010/08/16 ダイヤコンペ Rブレーキ 変更前左の画像はウチのレイダックに付いているダイヤコンペ製のサイドプル・センターピボット式のキャリパー。

車体と色合わせされていて、それなりにお洒落ではありますが、最近の目でみると、やや貧弱さが目立つのは事実。

予てから気になっていた部分だったため、今回は思い切ってブレーキキャリパーとケーブルの交換をお願いしました。

続きを読む "レイダック ブレーキ交換"

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2008/08/31

おでかけ

2008 Frence Blue Picnic@Rera久しぶりに遠乗りなど。

#2008/09/14 追記。
もう2週間も前の話になってしまいましたが、French Blue Picnic 2008にお邪魔してきました。
天候にも恵まれ、楽しい1日を過ごさせて頂きました。
詳しい感想は、またそのうち(^_^;)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/06/08

ある意味、コレクター冥利に尽きる(ダッジXP-07)

2008/06/08 ダッジXP-07 (リアビュー)先日、ご紹介した三菱ダブル・ショッツと同じHotWheels Designers Challengeの中の1台、ダッジXP-07(Dodge XP-07)です。

スタイリストはMarc Reisen氏。
シートの説明によると、自身HotWheelsのコレクターの由。

このモデルがインスパイアされた対象として、クライスラーのタービン搭載ショーカー、'80年代のマッスルカー、そしてHotWheelsの“Twin Mill"を挙げています。

自分のデザインによるモデルをコレクションに加えることができるなんて、まさにコレクター冥利に尽きるといえるでしょう。
#ん、デザイナー冥利に尽きる、っていう方が正しい!? (^_^;)

続きを読む "ある意味、コレクター冥利に尽きる(ダッジXP-07)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)