strangelove.cocolog-nifty.com > 6th トロフェオ・タツィオ・ヌヴォラーリ・イン・ジャポーネ

#001 1973年 ディーノ246GT [1]
#001 1973年 ディーノ246GT [2]
#002 1990年 フェラーリF40
#003 1997年 フェラーリ355F1 [1]
#003 1997年 フェラーリ355F1 [2]
#004 1998年 フェラーリ355 [1]
#004 1998年 フェラーリ355 [2]
#006 2006年 フェラーリ612スカリエッティ [1]
#006 2006年 フェラーリ612スカリエッティ [2]
#102 1948年 フィアット1100S MM [1]
#102 1948年 フィアット1100S MM [2]
#102 1948年 フィアット1100S MM [3]
#102 1948年 フィアット1100S MM [4]
#102 1948年 フィアット1100S MM [5]
#103 1955年 フィアット1100TV PF スタンゲリーニ [1]
#103 1955年 フィアット1100TV PF スタンゲリーニ [2]
#104 1956年 ポルシェ356スピードスター [1]
#104 1956年 ポルシェ356スピードスター [2]
#105 1959年 オースティン・ヒーリー・スプライトMk.I [1]
#105 1959年 オースティン・ヒーリー・スプライトMk.I [2]
#107 1959年 シボレー・インパラ [1]
#107 1959年 シボレー・インパラ [2]
#108 1947年 フィアット・エルミーニ1100SS
#109 1948年 チシタリア240A
#203 1966年 フィアット・アバルト OT1300 [1]
#203 1966年 フィアット・アバルト OT1300 [2]
#203 1966年 フィアット・アバルトOT1300 [3]
#203 1966年 フィアット・アバルトOT1300 [4]
#204 1967年 ディーノ204GT [1]
#204 1967年 ディーノ204GT [2]
#205 1968年 メルセデス・ベンツ200
#206 1969年 ロータス・ヨーロッパS2 [1]
#207 1963年 MG-B [1]
#207 1963年 MG-B [2]
#208 1969年 フィアット850クーペ [1]
#208 1969年 フィアット850クーペ [2]
#208 1969年 フィアット850クーペ [3]
#209 1969年 アルファロメオ・スパイダー・デュエット [1]
#209 1969年 アルファロメオ・スパイダー・デュエット [2]
#210 1969年 モーガン・プラス8 [1]
#210 1969年 モーガン・プラス8 [2]
#210 1969年 モーガン・プラス8 [3]
#301 1971年 メルセデス・ベンツ280SL [1]
#301 1971年 メルセデス・ベンツ280SL [2]
#302 1971年 いすゞ117クーペ [1]
#302 1971年 いすゞ117クーペ [2]
#302 1971年 いすゞ117クーペ [3]
#302 1971年 いすゞ117クーペ [4]
#302 1971年 いすゞ117クーペ [5]
#303 1972年 日産スカイライン200GT-R [1]
#303 1972年 日産スカイライン200GT-R [2]
#304 1973年 マツダ・ルーチェ [1]
#304 1973年 マツダ・ルーチェ [2]
#304 1973年 マツダ・ルーチェ [3]
#305 1973年 ポルシェ911E [1]
#306 1981年 BMW M1 [1]
#306 BMW M1 [2]
#307 1985年 デ・トマゾ・パンテーラ [1]
#307 1985年 デ・トマゾ・パンテーラ [2]
#308 アルファロメオSZ [1]
#308 アルファロメオSZ [2]
#番外1 2002年 フェラーリF2002 [1]
#番外1 2002年 フェラーリF2002 [2]
#番外2 1964年 チシタリアD46 “0018” [1]
#番外2 1964年 チシタリアD46 “0018” [2]
#番外2 1964年 チシタリアD46 “0018” [3]
#番外2 1964年 チシタリアD46 “0018” [4]

トップページ | 次 >>

#001 1973年 ディーノ246GT [1]

#001 1973年 ディーノ246GT [1]

金森赤レンガ倉庫にて

1973年ディーノ246GT(Dino 246 GT)です。

初のミッドシップ・フェラーリとして人気を博した206GTの後を受けて登場したのが、この246GTです。

206GTがアルミ製ボディだったのに対し、246GTでは本格的な量産体制に対応するためフィアットの技術を導入してプレス成形を主とするスチール製に変わります。
同時にエンジンも、主に北米市場から寄せられたモアパワーの要望に対応して排気量を2.4Lに拡大、ブロックも鋳鉄製として耐久性を向上させています。
その他、ホイールのスタッドが5本になるなど、細かい変更が各部に施されています。

ちなみにディーノ・ユニットは当時のF2規定(連続した12ヶ月間に500台生産)を満足させるため、フィアット・ディーノ・スパイダーおよびクーペにも搭載されていましたが、1969年以降はそちらも同じ2.4Lユニットに変更されています。

こうして登場した246GTは、各方面で人気を博し、1972年にはタルガトップ化された246GTSを追加するなど、フェラーリの歴史に残る成功したモデルとなります。

固定リンク