アバルトの名前を聞いて、この後ろから覗く大型のオイルパンを真っ先に思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。

アバルトがベースとした当時のフィアット車の多くがRR(リアエンジン・リアドライブ)だ
ったため、このような形になっているわけですが、これも前述のようにアバルトに荒々し
さを感じる理由の一つではないかと思っています。

ちなみにリアカウルに取り付けられたプレクシグラスのカバーの後端がキックアップしているというのは、今回初めて知りました。

やはり現車を見てみないと解らないことは沢山ありますね。