このSLは、このイベントの常連さん
非常にいいコンディションで、当時の雰囲気を伝えてくれます。

1971年にこのモデルを引き継いだ350SL(W107)は、基本形はW113とは変わらないものの、一回り大きく重厚になり、内装も一気にモダンなものになります。

そんなW107のモダンさも魅力的ですが、この車の内装のように古典的で少々華奢な感じは、それとは違った魅力を持っていると思います。

W114のところでも書きましたが、縁遠いながらも、この頃のメルセデスに魅力を感じるのは、そういった優美さに惹かれるせいなのかも知れません。