この角度からも、その特異な形状がよく判ります。
「現役時代」にはどのようなヒストリを持っているのかは存じませんが、'60年代前半くらいまでのル・マンでは、こういった小さなスポーツカーが大排気量のプロトタイプレーシングスポーツと混走していたことを考えると、当時のル・マンの参加者には勇気だけでなく蛮勇までも要求されていたというと、いい過ぎでしょうか。