エンジンフードの形状から1969~1982年に生産された後期型だと思われます。
このクルマは'82年にピニンファリーナ・スパイダー・ヨーロッパという名前になって、'85年まで生産された長寿モデルで、日本国内にも正規、並行モノを合わせて結構な数が入ってきていましたので、お馴染みという方も多いでしょう。

(当初、「124スポルト・スパイダー」と車名を記載しましたが、後日入手のエントリーリストで1984年式の「PF(ピニンファリーナ)スパイダー」と記載がありましたので、記述を訂正いたしました)