1階入り口に近いところで我々を迎えてくれたのは、1987年のBe-1です。